第164回 芥川賞・直木賞 決定!
デジタル化する新興国先進国を超えるか、監視社会の到来か(中公新書2612)[伊藤亜聖]
  • Googleプレビュー

デジタル化する新興国 先進国を超えるか、監視社会の到来か (中公新書 2612)
伊藤 亜聖

902(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 デジタル化する新興国 先進国を超えるか、監視社会の到来か 902円
紙書籍版 デジタル化する新興国 902円

商品基本情報

  • 発売日:  2020年10月21日頃
  • 著者/編集:   伊藤 亜聖
  • レーベル:   中公新書
  • 出版社:   中央公論新社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  256p
  • ISBNコード:  9784121026125

よく一緒に購入されている商品

  • デジタル化する新興国先進国を超えるか、監視社会の到来か(中公新書2612)[伊藤亜聖]
  • +
  • アメリカの政党政治建国から250年の軌跡(中公新書2611)[岡山裕]
  • デジタル化する新興国 先進国を超えるか、監視社会の到来か (中公新書 2612)
  • 伊藤 亜聖

902円(税込)

在庫あり

合計 1,870円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
デジタル技術の発展は、新興国・途上国の姿を劇的に変えつつある。中国、インド、そしてアフリカ諸国は今や最先端技術の「実験場」と化し、スーパーアプリや決済などで先進国を超える面すら生じている。一方、デジタル化は良質な雇用を生まないのでは、権威主義国家による監視が強化されるのでは、と負の側面も懸念される。技術が増幅する「可能性とリスク」は新興国をいかに変えるか。そして日本はどうすべきなのか。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
デジタル技術の進化は、新興国・途上国の姿を劇的に変えつつある。中国、インド、東南アジアやアフリカ諸国は、今や最先端技術の「実験場」と化し、決済サービスやWeChatなどのスーパーアプリでは先進国を凌駕する。一方、雇用の悪化や、中国が輸出する監視システムによる国家の取り締まり強化など、負の側面も懸念される。技術が増幅する新興国の「可能性とリスク」は世界に何をもたらすか。日本がとるべき戦略とは。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 想像を超える新興国/第1章 デジタル化と新興国の現在/第2章 課題解決の地殻変動/第3章 飛び越え型発展の論理/第4章 新興国リスクの虚実/第5章 デジタル権威主義とポスト・トゥルース/第6章 共創パートナーとしての日本へ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
伊藤亜聖(イトウアセイ)
1984年、東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程満期退学。博士(経済学)。専門は中国経済論。人間文化研究機構研究員などを経て、2017年4月から東京大学社会科学研究所准教授。著書『現代中国の産業集積ー「世界の工場」とボトムアップ型経済発展』(名古屋大学出版会、2015年、大平正芳記念賞、清成忠男賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    2. 2
      脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法
      脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法

      新井 平伊

      880円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】人新世の「資本論」
      【入荷予約】人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    4. 4
      新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実
      新型コロナとワクチン 知らないと不都合…

      峰 宗太郎

      935円(税込)

    5. 5
      お金の減らし方
      お金の減らし方

      森 博嗣

      968円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ