ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > ホビー・スポーツ・美術

新型コロナはアートをどう変えるか (光文社新書)
宮津大輔

1,100(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2020年10月15日頃
  • 著者/編集:   宮津大輔(著)
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  248p
  • ISBN:  9784334045012

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

世界のアート市場は、新型コロナウイルス感染拡大前まで活況を呈していた。実際、中国を中心とする華僑・華人を含むアジア、並びに中東産油国の旺盛な購買意欲に牽引され、オークション・ベースだけでも七兆三〇〇〇億円(二〇一八年)に上っていた。しかし、新型コロナウイルスが風景を一変させた。このパンデミックはアート市場にどのような影響を与えているのかー。本書では、人類が疫病といかに対峙し、芸術をもって描出してきたのかを振り返るとともに、ウィズ/ポスト・コロナ時代のアート界について市場動向を中心に予測する。同時に、歴史的転換点を迎えた現在、様々なアーティストによる作品紹介を通じて、彼ら、彼女らの作品に込めた意図を探る。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 芸術は疫病をどう描いてきたのか(アテネのペスト/6世紀・ローマ帝国東西統一の夢を砕く ほか)/第2章 新型コロナとアート市場(コロナ禍直前・世界のアート市場/国別に見るアート市場 ほか)/第3章 アートは死なず(コロナで変わるビジネスと富裕層/アート市場は必ず復活する ほか)/終章 ウィズ/ポスト・コロナ時代のアート作品(ウィズ/ポスト・コロナのアート)

著者情報(「BOOK」データベースより)

宮津大輔(ミヤツダイスケ)
1963年、東京都出身。アート・コレクター、横浜美術大学学長、森美術館理事。広告代理店、上場企業の広報、人事管理職、大学教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(8件)

総合評価
 3.40

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】林陵平のサッカー観戦術(1051;1051)
      【入荷予約】林陵平のサッカー観戦術(10…

      林 陵平

      1,100円(税込)

    2. 2
      世にもあいまいなことばの秘密
      世にもあいまいなことばの秘密

      川添 愛

      990円(税込)

    3. 3
      全面改訂 第3版 ほったらかし投資術
      全面改訂 第3版 ほったらかし投資術

      山崎元

      869円(税込)

    4. 4
      メンタル脳
      メンタル脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,100円(税込)

    5. 5
      国民は知らない「食料危機」と「財務省」の不適切な関係
      国民は知らない「食料危機」と「財務省」…

      鈴木 宣弘

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ