楽天Kobo・RakutenTV・楽天マガジンを初めてご利用で楽天ブックスでのお買いものがポイント最大28倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 政治
核兵器のない世界へ勇気ある平和国家の志[岸田文雄]
  • Googleプレビュー

核兵器のない世界へ 勇気ある平和国家の志
岸田 文雄

1,760(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年10月16日頃
  • 著者/編集:   岸田 文雄
  • 出版社:   日経BP
  • 発行形態:  単行本
  • ISBN:  9784296106974

商品説明

内容紹介(出版社より)

第2次世界大戦後の保守本流の流れを汲み、また、被爆から75年という節目を迎えた広島出身の政治家として、「核兵器のない世界」へ、未来に向けてどう取り組むかーーーこれからの日本が目指すべき姿を、岸田文雄氏が自ら書き下ろした渾身の1冊。

ロナルド・レーガン、ミハイル・ゴルバチョフ、そしてバラク・オバマといった指導者たちがこれまで幾度となく、「核全廃」という名の松明を掲げ、挑戦してきた。しかし、その勇気ある行動は常に国際政治の厳しい現実に翻弄され続けている。その松明が細っている今、「この手にしっかりと引き継ぎたい」という政治家としての信念をつづる。同時に、政治家を志した理由。理想と現実の間で、政治家が迫られる決断の難しさ。政治家として夢を、その半生を通して語る。

2016年に外務大臣として実現させた米オバマ大統領(当時)の広島訪問はじめ、4年7ヵ月の外相経験を通して、米国、英国、ロシア、中国をはじめ世界の首脳と築いてきた人間関係。数々の具体的な交渉エピソードを題材にして、孤立、分断化が進む世界で、なぜ「協調」をテーマとした政治、外交が肝要かを、改めてひもとく。

吉田茂以来、脈々と受け継がれてきた、戦後保守本流の流れを汲み、近年の日本の政治、外交の現場を知る著者の証言は、歴史の記録としても貴重な1冊である。
第1章 故郷・広島への思い
第2章 保守本流の矜持
第3章 核廃絶のリアリズム
第4章 核の傘と非核三原則
第5章 岸田イニシアティブ

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 故郷・広島への想い(生い立ちと家族/ニューヨーク時代 ほか)/第2章 保守本流の矜持(池田勇人と宏池会/広島県というルーツ ほか)/第3章 核廃絶のリアリズム(米朝電撃会談/失われた三十年 ほか)/第4章 核の傘と非核三原則(核の先制不使用/「核の傘」を巡る葛藤 ほか)/第5章 岸田イニシアティブ(核兵器禁止条約を巡る逡巡/NPTの守護神として ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

岸田文雄(キシダフミオ)
1957(昭和32)年生まれ。自由民主党所属の衆議院議員(9期)、自由民主党政務調査会長、宏池会会長(第9代)。内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、規制改革、国民生活、再チャレンジ、科学技術政策)、外務大臣(第143代・第144代)、防衛大臣(第16代)、自民党国会対策委員長、自民党たばこ議員連盟副会長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年09月13日 - 2021年09月19日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第5694位(↑) > 政治:第279位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ