秋のレシピ本フェア2021
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 産業 > 運輸・交通・通信
いつも鏡を見てる[矢貫隆]
  • Googleプレビュー

いつも鏡を見てる
矢貫 隆

1,760(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年12月04日頃
  • 著者/編集:   矢貫 隆
  • 出版社:   集英社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  272p
  • ISBN:  9784087880496

商品説明

内容紹介(出版社より)

「極端に言ったらさ、フロントガラスの向こうに日本が見えてるんだと俺は思うよ」(本文より)

物語の時代は昭和、平成、令和。舞台は京都、大分、東京。
オイルショック、バブルの熱狂と崩壊、聖域なき構造改革、リーマンショック、そして、新型コロナウイルス……。常に時代を乗せて、時代に翻弄されて、走り続けるタクシードライバーたちが、あるタクシー会社で交差する。彼らが背負ってきたものとは? そして運転席から見つめてきた日本とは?
タクシードライバーの職務経験を持つ著者が、様々な背景を持つ多くのドライバーたちの人生を徹底取材して描く、ドラマティック・ノンフィクション!

<目次>
東京 二〇一九年
【一章】オイルショックと京都の恋/京都 一九七三年〜一九七四年
【二章】バブルの熱狂と崩壊/東京 一九八八年〜二〇〇五年
【三章】農協と減反と聖域なき構造改革/大分・東京 一九八一年〜二〇〇七年
【四章】リーマンショックと五人の交差点/東京 二〇一〇年〜二〇一三年
東京 二〇一九年
【追章】新型コロナウイルスと五輪延期/東京 二〇二〇年

<プロフィール>
やぬき・たかし/ノンフィクション作家。1951年生まれ。龍谷大学経営学部卒業。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど多数の職業を経て、フリーライターに。『救えたはずの生命─救命救急センターの10000時間』『通信簿はオール1』『自殺ー生き残りの証言』『交通殺人』『クイールを育てた訓練士』『潜入ルポ 東京タクシー運転手』など著書多数。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

令和〜平成〜昭和。常に時代を乗せて、時代に翻弄されて、走り続けるタクシードライバーたちのドラマティック・ノンフィクション!時代は1973年から2020年。舞台は京都、大分、東京。6人のタクシードライバーが、あるタクシー会社で交差するー。濃厚すぎる人生ドキュメントの傑作!

著者情報(「BOOK」データベースより)

矢貫隆(ヤヌキタカシ)
ノンフィクション作家。1951年生まれ。龍谷大学経営学部卒業。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど多数の職業を経て、フリーライターとして『週刊プレイボーイ』などで活躍。その後ノンフィクション作家に。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.67

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと3

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ