現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会科学
叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」(単行本)[ひろゆき]
  • Googleプレビュー

叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」 (単行本)
ひろゆき

1,540(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品基本情報

  • 発売日:  2020年11月27日頃
  • 著者/編集:   ひろゆき
  • レーベル:   単行本
  • 出版社:   三笠書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  232p
  • ISBNコード:  9784837928430

商品説明

【内容情報】(出版社より)
“忖度抜き”で「2ちゃんねる」創設者が語りつくすーー
“知らないほうが幸せ”かもしれない衝撃の真実

「日本は平等な社会?」→NO! 「○○○○」だけが得をする
「働き方改革はうまくいく?」→NO! 会社も個人も得をしない「○○主義」
「努力すれば報われる?」→NO! 大事なのは「○○」と「○○」
「投票に行けば政治は変わる?」→NO! 「○○○」重視の政策は変わらない
「炎上は多数派の意見?」→NO! 書き込んでいるのはたった「○%」

本書では「社会・仕事・教育・政治・人間関係」という5つのテーマについて
「正しい情報」にもとづいた真実を明かしていきます。
なかには「そんなこと知りたくなかった」というものもあるでしょう。
でも、そうした「不都合な真実」から目を背けないことではじめて、
「正しい思考」ができるようになるのです。 --著者

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
“忖度抜き”で「2ちゃんねる」創設者が語りつくす社会、仕事、教育、政治、人間関係。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 社会ー「生きづらさ」の正体に気づけない人たち(日本の現状、見えていますか?/急速に進行する「格差化」 ほか)/2 仕事ー「モンダイ」を抱えてがむしゃらに働く人たち(仕事のムダ、会社のムダ/これからの働き方について話そう ほか)/3 教育ー「謎の慣習」に従い続ける人たち(「遺伝」と「知能」の真実/「子どものため」に間違う親 ほか)/4 政治ー「終わるきっかけ」を必死でつくる人たち(世界にはびこる「閉塞感」/「日本だけ」の残念政策 ほか)/5 人間関係ー「付き合い方」を間違えている人たち(令和時代の「人付き合い」/「人の幸福」は「自分の不幸」 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ひろゆき(ヒロユキ)
本名・西村博之。1976年、神奈川県生まれ。東京都に移り、中央大学へと進学。在学中に、アメリカ・アーカンソー州に留学。1999年、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。2005年、株式会社ニワンゴ(現・株式会社ドワンゴ)の取締役管理人に就任し、「ニコニコ動画」を開始。2009年に「2ちゃんねる」の譲渡を発表。2015年、英語圏最大の匿名掲示版「4chan」の管理人に。2019年、「ペンギン村」をリリース(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(38件)

総合評価
 3.72

ブックスのレビュー

  • (無題)
    sissy'cafe
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年02月02日

    素直に面白かったです。大阪都構想などぼんやりとわかっていたことがはっきりとわかり、いつもの銚子の辛口ながらトゲのない言い方で一気に読み進められました。好き嫌いはあると思いますが、飾らずひょうひょうと語りながらわかりやすく説明していると思いました。まぁ他の本も含めてひろゆき氏目線ですけどね

    0人が参考になったと回答

  • 私の・・
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年01月18日

    中では、ホリエモンと同じ感じでした。
    しかし、著者の方が、
    私の感覚に近いのかな?と感じました。
    例えば、「自販機で飲み物を買うことに、
    抵抗を感じる。」なんて、そうですね。
    内容的には、さほど驚くこともなく、
    サックと読めました。

    0人が参考になったと回答

  • 面白い
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年12月23日

    面白かったです。
    2019年頃からの時事ネタに対しての、ひろゆきさん個人の意見や問題提起が多く書かれています。
    「嘘を嘘であると〜」は本当にそう思います。不確かな情報のまま炎上したり、黒にも白にもなるネットのイイネの多い意見を、そのまま自分の意見として現実で発言する知人が最近増えてきてしまいました。後日フェイクニュースや間違いだったけれど、嘘を広める人は何も反省せず不確かなネットニュースを何度も現実で広め、そういう悪気のない自分で考えられない人が増えてきています。
    主語が「日本」って大きいくくりで書かれている話が多かったです。年収の話も多かったのですが、田舎と都会では同じ世帯年収でも生活に雲泥の差があり、家族構成や親からの贈与でも子供を2人育てるのに必要な年収が変わってくるので、850万円と一括りにしているのが気になりました。
    ひろゆきさんが危惧している事を、コロナ渦で個人個人がどう変えていけるか具体的に何が出来るか考えるきっかけになり、読んで良かったです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと45

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2021年 3月号
      電子書籍大白蓮華 2021年 3月号

      大白蓮華編集部

      188円(税込)

    2. 2
      スマホ脳(新潮新書)
      電子書籍スマホ脳(新潮新書)

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    3. 3
      1/4の風景
      電子書籍1/4の風景

      アバンティーズ

      1,650円(税込)

    4. 4
      アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕
      電子書籍アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕

      霜月 蒼

      110円(税込)

    5. 5
      裏モノJAPAN2021年4月号★特集★スマホで! 自宅で! フーゾクで! 生身の女で安全にヌク!★【マンガ】制服プレイの行く先は★下りた停留所で必ずヌク 路線バスの旅
      電子書籍裏モノJAPAN2021年4月号★特集…

      鉄人社編集部

      880円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ