ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > その他

金とドルは光芒を放ち 決戦の場へ (単行本)
副島 隆彦

1,870(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年11月02日頃
  • 著者/編集:   副島 隆彦
  • レーベル:   単行本
  • 出版社:   祥伝社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  296p
  • ISBN:  9784396617431

商品説明

内容紹介(出版社より)

迫り来る金融大動乱の時代に備えなさいー?。

新型コロナウイルスが直撃した2020年の世界金融市場。
株価は下落し、各国政府は経済対策に追われている。
そのさなか、金価格が急上昇。2月に1グラム5,666円(小売価格の月間平均)だった金は、
半年後の8月7日に7769円の最高値を記録した。
20年前から「実物資産の王様である金を買いなさい」と説き続け、
自他ともに?金買え評論家?を称する著者が、金市場の最新情勢を分析、予測する。
金はこれからどうなるのか。著者はズバリ書く。
「金の値段は今の5倍になる。1グラム7000円を目標に買いなさい。
2024年に起きる金融動乱のときに売りなさい」。
さらに「国は小金持ち層の資産を狙っている。やがて財産税が課せられる」と警告を発する。
日本の政権交代、米大統領選、米中新冷戦、コロナ騒ぎ……先行き不透明な時代に贈る、
最強の個人資産防衛戦略。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

金地金1gが1万円になる。迫り来る金融大変動に備えよ!巻末特集、鉱物資源株優良銘柄25。

目次(「BOOK」データベースより)

1章 目先の目標は、金1g1万円だ(金は1グラム8000円近くまで上がった/日銀は730トンあるはずの金を、手元に持っていない ほか)/2章 「金の取引停止」が迫っている(これからの金の値段/「リデノミ」は金にどんな影響を与えるか ほか)/3章 国に狙われる個人資産(バフェットはなぜ金鉱山の株を買ったのか/「中間業者」に金を売る ほか)/4章 次の株価暴落を予言する(これから株価はどうなるのか/10年の「輪切り」で日本の株価を考える ほか)/5章 国民を一元管理する菅政権(菅義偉政権はどこへ向かうか/私が1年前に予言したこと ほか)/巻末特集 金融恐慌にも動じない鉱物資源株25

著者情報(「BOOK」データベースより)

副島隆彦(ソエジマタカヒコ)
評論家。1953(昭和28)年、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒。外資系銀行員、予備校講師、常葉学園大学教授等を歴任。米国の政治思想、法制度、金融・経済、社会時事評論の分野で画期的な研究と評論を展開。「民間人国家戦略家」として執筆・講演活動を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(2件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ