現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 哲学・思想 > その他
責任の生成中動態と当事者研究[國分功一郎]
  • Googleプレビュー

責任の生成 中動態と当事者研究
國分 功一郎

2,200(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
責任(=応答すること)が消失し、「日常」が破壊された時代を生き延びようとするとき、我々は言葉によって、世界とどう向き合い得るか。『中動態の世界』以前からの約10年にわたる「当事者研究」との深い共鳴から突き詰められた議論/研究の到達点。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
わたしたちが“責任あるもの”になるときー『暇と退屈の倫理学』以降、お互いの研究への深い共鳴と応答、そしてそこから発展する複数の思考を感受し合いながら続けられた約10年間にわたる共同研究は、堕落した「責任」の概念/イメージを抜本的に問い直し、その先の、わたしたちが獲得すべき「日常」へと架橋する。この時代そのものに向けられた議論のすべて、満を持して刊行。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章 「中動態」と「当事者研究」(「当事者研究」に先立つもの/「医学モデル」から「社会モデル」へーパラダイムチェンジの背景 ほか)/第1章 「意志」と「責任」の発生(使い勝手の悪い日常言語/『中動態の世界』と当事者研究 ほか)/第2章 中動態と「主体」の生成(意志とは切断である/意思決定支援と欲望形成支援 ほか)/第3章 自己感・他者・社会(自己を維持するにはコナトゥスに逆らわねばならない/コナトゥスと退屈しのぎ ほか)/第4章 中動態と「責任」(「意志」と当事者研究/「使う」という哲学 ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
國分功一郎(コクブンコウイチロウ)
1974年千葉県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科准教授。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)

熊谷晋一郎(クマガヤシンイチロウ)
1977年山口県生まれ。東京大学先端科学技術研究センター准教授、小児科医。新生児仮死の後遺症で脳性麻痺に。以後車いす生活となる。東京大学医学部医学学科卒業後、千葉西病院小児科、埼玉医科大学小児心臓科での勤務、東京大学大学院医学系研究科博士課程での研究生活を経て、現職。専門は小児科学、当事者研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(9件)

総合評価
 4.71

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年05月03日 - 2021年05月09日)

     :第7093位(↓) > 人文・思想・社会:第1315位(↓) > 哲学・思想:第36位(↓) > その他:第19位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと10

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ