本・雑誌 在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 語学・学習参考書 > 語学学習 > 日本語
この商品は ポイント5倍!

三行で撃つ <善く、生きる>ための文章塾
近藤康太郎

1,650(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品情報

  • 発売日:  2020年12月15日頃
  • 著者/編集:   近藤康太郎
  • 出版社:   CCCメディアハウス
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  320p
  • ISBN:  9784484202297

よく一緒に購入されている商品

  • 三行で撃つ<善く、生きる>ための文章塾[近藤康太郎]
  • +
  • 「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。[藤吉豊]
  • 三行で撃つ <善く、生きる>ための文章塾
  • 近藤康太郎

1,650円(税込)

在庫あり

合計 3,300円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「朝日新聞」名物・名文記者の技巧25発!
「あの人の文章は、ちょっといい」と言われるわたしになれば、自分が変わる。

本書で身につく技術は、たとえばーー
◎文章技術 ◎企画力 ◎時間・自己管理術 ◎読書術 ◎資料整理術 ◎思考法

読者対象は、書くことに苦手意識を持つ人から、これからなにかを表現してみたい初心者、そして、プロのライターや記者まで。「読者は、あなたに興味がない(謙虚たれ)」という冷厳な現実を見つめるところからスタートし、「いい文章」とはなにかを考え、そういうものが書けるレベルを目指す。文章術の実用書らしく、つかみ(冒頭)の三行、起承転結、常套句が害悪な理由、一人称、文体、リズム、といった必要十分なテクニックを網羅するが、単なる方法論にはとどまらず、なぜそうするのかを、自己や他者の心のありようにフォーカスしながら考える。文学作品から、新聞記事、詩歌、浪曲まで、豊富な例示を取り上げ、具体的に解説していく。

生まれたからには生きてみる。
書くとは、考えること。
書きたく、なる。わたしに〈なる〉ために。

また、同時に、本書は「書くという営為を通じて実存について考える」思想書でもある。読み進めるにしたがい、「私というもの」に向き合わざるを得なくなる。言葉とはなにか? 文章とはなんのためにあるのか? なぜ書くのか? 生きるとは? 思索が深まるほどに、世界の切り取り方が変わり、自分が変わる。

わたしにしか、書けないものは、あるーー
・文章は、見えなかったものを見えるようにすること
・文章は、見えていたものを見えなくすること

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
書くとは、考えること。書きたく、なる。わたしに“なる”ために。「朝日新聞」名物・名文記者の技巧25発。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 文章の基本/第2章 禁じ手を知る/第3章 ライターの心得/第4章 書くための四つの道具/第5章 読ませるための3感/第6章 自己管理の技術/第7章 生まれたからには生きてみる

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
近藤康太郎(コンドウコウタロウ)
朝日新聞編集委員・日田支局長。作家/評論家/百姓/猟師/私塾塾長。1963年、東京・渋谷生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、1987年、朝日新聞社入社。川崎支局、学芸部、AERA編集部、ニューヨーク支局を経て、2017年から現職。新聞紙面では、コラム「多事奏論」、地方での米作りや狩猟体験を通じて資本主義や現代社会までを考察する連載「アロハで田植えしてみました」「アロハで猟師してみました」を担当する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(12件)

総合評価
 4.42

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ