本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 健康 > 家庭の医学
スマホ社会が生み出す有害電磁波デジタル毒医者が教える健康リスクと超回復法[内山葉子]
  • Googleプレビュー

スマホ社会が生み出す有害電磁波デジタル毒 医者が教える健康リスクと超回復法
内山葉子

1,540(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年12月03日頃
  • 著者/編集:   内山葉子
  • 出版社:   ユサブル
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  224p
  • ISBN:  9784909249340

商品説明

内容紹介(出版社より)

世界的に健康被害が広がっている有害電磁波「デジタル毒」。
欧米では脳腫瘍や白血病を始めとしたがん関連、不整脈、記憶障害、発達障害などとの関連も指摘されています。しかし日本では規制基準値の緩さからその健康への悪影響はほとんど報道されていません。今、診察の現場では薬や食生活の改善では解決しない原因不明の症状が増えているのです。
具体的には「不整脈」「頭痛」「めまい」「肩こり」「慢性疲労」「睡眠障害」「記憶障害」「発達障害」「認知症」その他の体調不良が報告されています。これらの症状はすべて「デジタル毒(有害電磁波)」が原因である可能性があるのです。海外の統計を見ると、2000年代後半以降スマホが本格的に普及し始めてから、市街での電磁波の量が安全とされている0.6V/mを超え、許容量の数倍の数値となっています。
本書では医者である著者が医療の現場で指導している具体的な「デジタル毒」対策についてわかりやすく説明しています。いまや、私たちはスマホを始めとした高度なデジタル製品と共存していかなくてはならない世界に住んでいます。そのような社会で、家庭でできる対策法をを実践し、少しでもその悪影響を減らすために非常に役に立つ1冊です。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

世界に広がる、デジタル毒(有害電磁波)がもたらす健康リスクへの認識。オール電化や5Gが加速するデジタル社会進化の中で、家族の健康を守る方法。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 デジタル毒とは何か?/第2章 デジタル毒が引き起こす人体への影響/第3章 デジタル毒の悪影響を引き起こすメカニズム/第4章 対処法ーまずはデジタル毒を極力避ける/第5章 デジタル毒に負けない体を作る/第6章 栄養と生活習慣の重要性/第7章 デジタル毒を見直して変わった人たち〜症例

著者情報(「BOOK」データベースより)

内山葉子(ウチヤマヨウコ)
関西医科大学卒業。大学病院・総合病院で腎臓内科・循環器・内分泌を専門に臨床・研究を行った後、福岡県北九州市で葉子クリニックを開設、院長を務める。医学博士、総合内科専門医、腎臓内科専門医、ホメオパシー専門医。全人的な医療に基づき、自然医療や漢方・機能性食品などの補完・代替医療と西洋医学、心のケアなどを統合的に行い、さまざまな分野の難治性の疾患の診療を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.33

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ