楽天Kobo初めての方限定!条件達成で電子書籍購入がポイント50倍
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 電気工学

音声UX 〜ことばをデザインするための111の法則
安藤 幸央

2,948(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年01月09日頃
  • 著者/編集:   安藤 幸央
  • 出版社:   技術評論社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  272p
  • ISBN:  9784297117931

商品説明

【内容情報】(出版社より)
Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーの登場で、音声によるユーザーインタフェースを利用する機会が広まってきました。長い年月をかけて操作性の工夫が積み重ねられてきたGUI(グラフィックユーザーインタフェース)と違い、VUI(ボイスユーザーインタフェース)は、一般的に利用されるようになってからの月日がまだまだ浅いため、いざ、VUIを利用したサービスを提供するとなると、どのようにサービスを構築すればよいのか、注意すべき点はどこにあるのか、テストはどのように行えばよいのか、など、考えるべきことは多数出てくる一方で、まとまった情報がまだまだ限られるのが現状です。
音声を介したサービスやシステムは、GUI以上に直接的にユーザーにその結果が体験として伝わるため、音声インタフェース、音声ユーザーエクスペリエンス(UX)は、その活用の仕方が、提供するサービスやシステムの成否を握るとも言えます。本書では、音声によるUXを実現するために知っておくべき考え方、注意すべきポイント、サービス構築の前に考えておくべきことなどをわかりやすく、111のエッセイで解説していきます。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
音声によるユーザーエクスペリエンスを最適化するための道筋。

【目次】(「BOOK」データベースより)
音声、会話とはそもそも何であるのか?人は正確に質問できないという課題/音声/会話サービスにおける、話題の種別/音声/会話サービスにおけるキャラクター設定の考え方/声によるおもてなし、ホスピタリティ、信頼の作り方/命令ではなく、会話としてやりとりする方法、原則、デザインパターン/Voice UIとして守るべきUX/対話の設計、会話デザインの仕方、台本の書き方/会話サービスを考えるときに役立つツール、マインドマップの活用法/さまざまな環境で活用されるVUI/音声/会話サービスの試作、テストの考え方/毎日使うサービスにするため、ハマるための工夫/人に寄り添う「弱いAI」という考え方、音声サービスの未来

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
安藤幸央(アンドウユキオ)
北海道札幌生まれ。VUI、音声サービスのUX、音声デザインなどに関して、講演多数。UXデザイナー・デザインスプリントマスター・Google Developer Expert(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと11

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・技術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ