リカバリー・カバヒコ
本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 小説・エッセイ > 日本の小説 > 著者名・あ行

家康の江戸開府と国づくり
尾崎 桂治

2,970(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2020年12月07日頃
  • 著者/編集:   尾崎 桂治(著)
  • 出版社:   三樹書房
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  392p
  • ISBN:  9784895227438

商品説明

内容紹介(出版社より)

『戦国時代の終焉と天下人への道程』は信長、秀吉、家康。戦国時代の三人の英傑が、それぞれどのように天下人を目指したかを描く歴史三部作。戦国大名だけでなく、他の作品では滅多に登場しない家臣や地方豪族たちの動き、また当時の朝廷の様子についても丁寧に調べあげ、多数の文献と歴史上の事実をもとに、見えてきた三人の人物像を描き出す。
第三部の主役は徳川家康。関ヶ原合戦後、征夷大将軍に就任し、大坂の陣を経て、ついに豊臣家を滅ぼすに至る老獪な家康の手腕と、徳川の世を盤石にするための、江戸の大掛かりな開発への取り組み、さらにその死後の幕府の様子までを描く。エピローグでは、家康の孫娘を娶った後水尾天皇の行跡をみる。昭和天皇に次ぐ長寿で、譲位以後も長きにわたって朝廷の実力者として君臨した後水尾天皇の生き方を通して、二代将軍秀忠、三代将軍家光の時代の朝廷の在り方や、江戸幕府と朝廷との関わりをみていく。
戦乱の世が幕を閉じ、江戸が政治の中心になっていく、激しい変化の時代を生きた武将たちと、同時代の朝廷の姿を、従来にない視点で丁寧に描きあげた、著者渾身の作である。
 作者のことば  
 第十三章 関ヶ原合戦の家康による後始末
 第十四章 家康の征夷大将軍への就任
 第十五章 江戸の開発と秀忠への将軍譲渡
 第十六章 駿府城に移った家康
 第十七章 禁教令と大坂の陣の前夜まで
 第十八章 大坂の陣と家康の死
 エピローグ 
 主要参考文献

内容紹介(「BOOK」データベースより)

戦国の世が終焉に向かう時代、天下統一を目指した信長、秀吉、そして家康。当時の朝廷や武家の動きなどを丹念に調べ、判明した事実を紡ぎながら、三人の英傑の生きざまを描く三部作。第三部は、徳川家康が権力を手中にしていく過程を江戸の開発との関連で見ていく。

目次(「BOOK」データベースより)

第13章 関ヶ原合戦の家康による後始末/第14章 家康の征夷大将軍への就任/第15章 江戸の開発と秀忠への将軍譲渡/第16章 駿府城に移った家康/第17章 禁教令と大坂の陣の前夜まで/第18章 大坂の陣と家康の死

著者情報(「BOOK」データベースより)

尾〓桂治(オザキケイジ)
東京生まれ。一九六〇年代から月刊誌の編集者として活動。その間、イギリス、フランス、イタリア、ケニアなどに取材で訪れる。その後、出版社を設立。二〇年以上にわたって経営する。主として書籍の企画、編集、取材、執筆などを手がける。かたわら日本の歴史研究、執筆を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      成瀬は天下を取りにいく
      成瀬は天下を取りにいく

      宮島 未奈

      1,705円(税込)

    2. 2
      もう明日が待っている
      もう明日が待っている

      鈴木 おさむ

      1,980円(税込)

    3. 3
      小説 葬送のフリーレン
      小説 葬送のフリーレン

      八目 迷

      880円(税込)

    4. 4
      【入荷予約】赤と青のガウン
      【入荷予約】赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    5. 5
      成瀬は信じた道をいく
      成瀬は信じた道をいく

      宮島 未奈

      1,760円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ