本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 楽譜 > その他 > その他

レコードが覚醒する! EQカーブ調整型真空管フォノイコライザー 特別付録:ラックスマン製真空管フォノイコライザー・キット (ONTOMO MOOK)
stereo

19,800(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍版

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年01月19日
  • 著者/編集:   stereo
  • レーベル:   ONTOMO MOOK
  • 出版社:   株式会社音楽之友社
  • 発行形態:  ムックその他
  • ページ数:  16p
  • ISBN:  9784276963191

商品説明

内容紹介

1:■真空管フォノイコライザー・キット LXV-OT10を組み立てる
2:■LXV-OT10 接続方法
3:■ラックスマン開発陣に聞く、真空管フォノイコライザー
4:■フォノイコライザーのオペアンプ交換でグレードアップを狙う(取材・文:福田雅光)
5:■ラックスマン E-250で本格フォノイコライザーの世界を味わう(取材・文:井上千岳 写真:山田芳朗)
6:■LXV-OT1 音質アップのアイデア(取材・文:キヨトマモル)

内容紹介(出版社より)

MOOKラックスマン真空管シリーズ第5弾は、いままで読者から最も付録化のリクエストが多かった、フォノイコライザーが満を持しての登場となります。今回の特徴はなんといっても、イコライザーカーブ(以降EQカーブ)切替機能を搭載していることです。EQカーブは、1950年代に制定されたRIAAカーブというものが一般的ですが、RIAAカーブが標準化される前のレコードは、各社独自のEQカーブでレコードを作っていたので、正しい音で再生するにはカーブを調整する必要があります。本付録のカーブ切替はほぼ全てのEQカーブに対応可能です。使用しているカートリッジやシステムによっても特性は変わるので、自分の耳を頼りにレコードのおいしい部分を引き出してみてはいかがでしょうか。
●真空管フォノイコライザー・キットLXV-OT10を組み立てる
●LXV-OT10 接続方法
●ラックスマン開発陣に聞く、真空管フォノイコライザー
●フォノイコライザーのオペアンプ交換でグレードアップを狙う
●ラックスマン E-250で本格フォノイコライザーの世界を味わう
●LXV-OT10 音質アップのアイデア

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー(1件)

  • レコードがよみがえった。
    ほらふき男爵510
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年04月30日

    永年使ってきたプリメインアンプの調子が悪くなりました。レコード以外は別の小型システムで再生できるので、あまり高価ではないフォノイコライザーをさがしていました。MMとMCは基板上のジャンパーピンで切り替えるようになっています。組み立ては簡単で、ハンダ付けは不要。ドライバーとラジオペンチくらいあればOKです。冊子には、いろいろな改造方法が紹介されていて、好きな人には面白い世界でしょう。
    昼間の写真なのでぼやっとしていますが、真空管の灯りもイイ感じです。EQカーブの調整はあまり使いませんが、アンプのトーンコントロールよりも細かい調整ができるような気がします。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと21

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:楽譜

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ