後宮の烏5(集英社オレンジ文庫)[白川紺子]
  • Googleプレビュー

後宮の烏 5 (集英社オレンジ文庫)
白川 紺子

682(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

電子書籍版でもご購入可能です!

楽天Kobo 電子書籍版 後宮の烏5 682円
紙書籍版 後宮の烏 5 682円

商品基本情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
高峻は寿雪を救い出すため、もっとも険しい道を選び、進んでいく。
初代烏妃、香薔(こうしょう)の過ちをただすこと。
すなわち、香薔が烏妃のなかに閉じ込めた烏漣娘娘(うれんにゃんにゃん)を解放すること。

この秋、宮中は慶事に沸いた。
同じ頃、先の騒動の影響で夜明宮は、ひっそりと静まり返っていた……。
烏妃はひとりで在るもの。先代、烏妃の戒めが、寿雪の胸を刺す。
それでも周囲には九九や温螢、淡海たちがいる。
寿雪は、抱えたものを守り通すため、烏妃として突きつけられた切ない運命(さだめ)に対峙することを決意してーー。

笑う女
黒い塩
烏妃の首飾り
破界

互いの思いが重なる時、歴史が動く……。シリーズ続々大重版、圧倒的中華幻想譚。激動の第五弾!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
高峻は寿雪を救い出すため、もっとも険しい道を選び、進んでいく。この秋、宮中は慶事に沸いた。同じ頃、先の騒動の影響で夜明宮は、ひっそりと静まり返っていた…。烏妃はひとりで在るもの。先態、烏妃の戒めが、寿雪の胸を刺す。だが寿雪は、抱えたものを守り通すため、突きつけられた烏妃としての切ない運命に対峙することを決めてー。激動の第五弾!

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
白川紺子(シラカワコウコ)
三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(19件)

総合評価
 4.41

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年01月14日

    いつもながら文章の巧さに引き込まれます。
    今回は物語が大きく動き、寿雪や高峻の心理描写に心動かされました。
    他の登場人物も各自の立場で色んなことを考えたり誰かを思いやったり…
    読んでいて切ないな、と思うところがいくつもありました。
    続きがすごくすごく気になりますが、寿雪と高峻にとって心安らぐ方向に進んでいってほしいです。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    だいくん321
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年01月01日

    こんなに早く続きが読みたい本は久しぶりです。

    0人が参考になったと回答

  • 待ってました
    ますまさ1226
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年12月29日

    待ちに待った新刊です
    いつも本屋で購入するのですが、今回は予約して購入しました
    発売日の2日後に到着しました
    いよいよ物語もクライマックスですね。
    次巻がすでに待ち遠しいです。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ