本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 絵本・児童書・図鑑 > 図鑑・ちしき
  • カラスのいいぶん人と生きることをえらんだ鳥(ノンフィクション・生きものって、おもしろい!)[嶋田泰子]
  • カラスのいいぶん人と生きることをえらんだ鳥(ノンフィクション・生きものって、おもしろい!)[嶋田泰子]
  • カラスのいいぶん人と生きることをえらんだ鳥(ノンフィクション・生きものって、おもしろい!)[嶋田泰子]
  • カラスのいいぶん人と生きることをえらんだ鳥(ノンフィクション・生きものって、おもしろい!)[嶋田泰子]
  • カラスのいいぶん人と生きることをえらんだ鳥(ノンフィクション・生きものって、おもしろい!)[嶋田泰子]
  • カラスのいいぶん人と生きることをえらんだ鳥(ノンフィクション・生きものって、おもしろい!)[嶋田泰子]
カラスのいいぶん人と生きることをえらんだ鳥(ノンフィクション・生きものって、おもしろい!)[嶋田泰子]
  • Googleプレビュー

カラスのいいぶん 人と生きることをえらんだ鳥 (ノンフィクション・生きものって、おもしろい!)
嶋田泰子

1,320(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • カラスのいいぶん人と生きることをえらんだ鳥(ノンフィクション・生きものって、おもしろい!)[嶋田泰子]
  • +
  • ぼくのあいぼうはカモノハシ(児童書)[ミヒャエル・エングラー]
  • カラスのいいぶん 人と生きることをえらんだ鳥 (ノンフィクション・生きものって、おもしろい!)
  • 嶋田泰子

1,320円(税込)

在庫あり

1,540円(税込)

在庫あり

合計 2,860円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(情報提供:絵本ナビ)



毎日の生活の中でよく見かける身近な鳥、カラス。皆さんは、カラスにどんな印象を持っているでしょうか?ごみをちらかす、黒くて大きくてこわい‥‥‥。みんなの「きらわれもの」!?著者の嶋田泰子さんが、これまであまり気にとめていなかったカラスという存在にであわされたのは、頭にうんちを落とされるという体験からでした。いったん意識しはじめると、ごみ置き場をあらすカラスの姿が目につき、攻防がはじまりました。けれどもカラスへの勝ち目はなし。どうにかカラスとの戦いに勝つためには作戦を練らなければ‥‥‥と考えた時に気づいたのが、「カラスは人間がどんな生きものかということに気づいているようなのに、わたしはカラスのことなんて、なにも知らなかった」ということ。ここから、嶋田さんのカラスへの調査が始まります。・玄関に届くたまごをどろぼうするカラスの様子。・1年じゅう日本で暮らしているのは、ハシブトガラスとハシボソガラスの2種類ということ。・ハシブトガラスとハシボソガラスの見分け方・もとはふかい森林に住んでいたハシブトガラスがなぜ都会に出てきたのか?はじめの調査で分かったのは、人間がたくさんの食べ残しをごみとして出すことによって、多くのハシブトガラスが都会に住み着くようになったという事実。人間の都合に振り回されながらもきらわれ者になってしまったカラス、ちょっとかわいそう。そこで嶋田さんはカラスのいいぶんを聞いてみることに。嶋田さんの観察レポートの中で、とくに面白かったのは、庭に来る5、6匹のカラスに名前をつける場面。「カー」とひと鳴きしてから姿を見せるカラスは「カー!」、目がやたらとクリクリしているカラスは「ヒトミ!」。何の特徴もなく、印象が薄いカラスは「ジミー!」、著者が一番気になったとびきり美しいカラス「クロスケ」、そしてその「クロスケ」といつも寄り添っている「おつれ」。こんな風に特徴や名前を知ってしまっては、読者である私たちも登場するカラスにぐっと親近感が増してしまいますね。他にも、カラスの賢さを思い知らされる事件が起きたり、縄張り争いや大変な子育ての様子を垣間見たり、知れば知るほど新たな一面を見せてくれるカラス。2021年の課題図書中学年の部にも選ばれている本書は、みんなの「きらわれもの」と思われているカラスの正しい見方を教えてくれます。さらに自分の目で観察することの面白さや、相手を知ることでこんなにも世界は広がっていくのだという驚きを伝えてくれるのです。カラスが増えすぎたことによる「ハシブトガラスたいじ」の実態や、それによる生態系への影響など、考えるべき課題も。本の終わりには、カラスに興味を持ち始めた人のために、すぐれているところ、にがてなことをチェックできる、ハシブトガラスの楽しい通知表がついています。 こちらは未完成になっており、カラスに興味を持って下さった人が、たくさんの発見をして完成させて下さったら嬉しいと、嶋田さんからのメッセージがあります。夏の自由研究のテーマとして取り組んでみるのもいいですね。最後に挿絵の魅力についてもお伝えしておきたいのですが、絵本作家、イラストレーターとして活躍中の岡本順さんによる挿絵は、カラスの動きのひとつひとつ、羽根の開き具合、くちばしのカーブの感じ、表情などに魅力がたっぷり。今にも動き出しそうに生き生きとしていて、カラスを目の前で観察しているような臨場感があります。こちらもぜひ観察レポートと合わせて注目しながら楽しんでみて下さいね。
(絵本ナビ編集部 秋山朋恵)


学校図書館で3年生におすすめの本、として紹介されていました。
嫌われ者のカラス。でも観察するといろんなことがわかってきます。カラスって本当に賢いですね。
人間が自分たちの思いを全て通すことなく、少し譲れば、カラスと共に暮らせるのに、という作者さんの思いがよく伝わりました。
イラストもすてきだなぁと思って読んでいたら、なんと、大好きな「キダマッチ先生」シリーズの挿絵を描いている画家さんで、嬉しかったです。(クッチーナママさん 40代・東京都 女の子18歳、女の子15歳、男の子13歳)

【情報提供・絵本ナビ】

内容紹介(出版社より)

みぢかな鳥、そしてきらわれものの、カラス。ごみをちらかす、黒くて不吉、大きくてこわい……など、わるいイメージばかりだけれど、本当はどんな鳥なのでしょう?
もともとは森でくらしていたカラス。人の出すゴミにひきよせられて街へとおりてきました。しかし、街のくらしも楽ではありません。なわばりあらそいのきびしさ、子育ての苦労など、いがいと知られていないカラスの生活をほりさげます!カラスを愛する著者が語るノンフィクション。
本作は、著者の嶋田泰子さんが、家の庭にくるカラスたちに興味を持ち、観察日記をつけたことが出発点です。普段は気にもとめないくらい身近な鳥、カラス。でもよくよく調べてみると、驚くほど多彩な表情を見せてくれるのです。この本を読めば、ゴミをちらかす嫌われもののイメージが変わります!

内容紹介(「BOOK」データベースより)

いちばん身近な鳥、カラス。ごみをちらかす、黒くて大きくてこわい…。みんなの「きらわれもの」!?でも、カラスにも、いいたいことがあるみたいですよ。カラスの声に、耳をかたむけてみましょうー

目次(「BOOK」データベースより)

カラスなんて大きらいだ!/たまごどろぼう事件/たまごはどこへ?/カラスって、どんな鳥?/ハシブトガラスが、なぜ街に?/やるときはやる!/名前をつける/なぜくるのか、わかった!/だれのしわざ?/毎日の時間わり/あそんでいる?/カラスの年間計画/くるな、近よるな!/手なずける/クロスケ日記/さよなら、元気でね

著者情報(「BOOK」データベースより)

嶋田泰子(シマダヤスコ)
生物・環境などをテーマとした出版物の企画・編集・執筆に携わる

岡本順(オカモトジュン)
絵本作家、イラストレーターとして活躍。絵本『きつね、きつね、きつねがとおる』で第17回日本絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(42件)

総合評価
 3.90

ブックスのレビュー(8件)

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年07月20日

    子どもの夏休みの課題図書の為、購入しました。意外と親が読んでも楽しい内容でした。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    H.A3311
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年01月21日

    小学2年生の娘にせがまれて購入しました。とてもおもしろい!と夢中で読んでいます。大人の私が読んでもおもしろい。道のカラスを気にするようになりました。買って良かったです。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    m&M
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2022年09月09日

    子供の読書感想文の課題図書として購入しましたが、普通に面白かったです。
    カラスの特性、行動なども興味深いですし、わざわざどこかに行って何かを調べるだけではなく、身近にいる物などでも、観察するとここまで分かるのかと、子供の心にもいい影響を与えたと思います。
    結論部分はちょっと大人臭く、きっと読書感想文の模範解答なら、人間とカラスの共存を書くべきなんでしょうが、その辺は子供には響かないようでした。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと7

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:絵本・児童書・図鑑

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      さみしい夜にはペンを持て
      電子書籍さみしい夜にはペンを持て

      古賀史健

      1,650円(税込)

    2. 2
      地震はなぜ起きる?
      電子書籍地震はなぜ起きる?

      鎌田浩毅

      1,595円(税込)

    3. 3
      シノダ!1 チビ竜と魔法の実
      電子書籍シノダ!1 チビ竜と魔法の実

      富安陽子

      1,320円(税込)

    4. 4
      おじさんのかさ
      電子書籍おじさんのかさ

      佐野洋子

      1,265円(税込)

    5. 5
      パンダでおぼえる 四字熟語
      電子書籍パンダでおぼえる 四字熟語

      福田豊文

      1,222円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ