本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > 健康 > 家庭の医学
ゴーマニズム宣言SPECIALコロナ論2[小林よしのり]
  • Googleプレビュー

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論2
小林よしのり

1,320(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年12月18日頃
  • 著者/編集:   小林よしのり
  • 出版社:   扶桑社
  • 発行形態:  単行本
  • ISBN:  9784594086527

商品説明

内容紹介(出版社より)

【「第三波」が猛威を振るっても経済を止めるべきではないこれだけの理由】

厚生労働省の統計によると、季節性インフルエンザによる死者数は1年でおよそ3000人。インフルエンザに端を発した誤嚥性肺炎など「間接死」も含めると、毎年1万人もの人が亡くなっている。

一方、新型コロナウイルス感染症による死者は12月9日現在で2486人。これは、毎年正月に餅をノドに詰まらせて死にいたる約1300人よりは多いものの、風呂場の浴槽で誤って「溺死」する約5000人に比べれば遥かに少ない数字だ。

12月に入って以降、「第三波」の襲来による「医療崩壊」の危機がさかんに報じられている。新規陽性者の数も連日2000人を超えて推移しているが、少し冷静に考えてみてほしい。季節性インフルエンザの感染者は毎年約1000万人にも上り、これを365日で割ると1日当たり3万人の感染者を出している。つまり、たとえPCR検査の陽性者数が1日当たり5000人を超えたとしても、季節性インフルエンザに比べれば、新型コロナウイルスの脅威は格段に小さいということだ。

もちろん、すでに多数の死者を出している欧米をはじめ、多くの人口を抱えるブラジルやインドなどでは、感染拡大が即ち死に直結していることも否定していない。だが、いくつもの“ファクターX”を持つ日本において、季節性インフルエンザに比べても極めて「弱毒性」であると言われる新型コロナウイルスを、ここまで過剰に怖がるのは異様な状況と言えよう。なぜなら、現在のコロナ・パニックは、専門家とメディアが恐怖を煽りに煽って作り上げた「インフォデミック」に過ぎないからだーー。

発売即重版がかかるほどの大反響を呼び、現在4刷り6万部を突破した『ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論』。科学的データに基づいた膨大なファクトを積み重ね、歴史的知見を駆使してコロナの「正体」を白日の下にさらしたが、続編の『コロナ論2』でも、最新の統計から導き出された数値を基に、これまでメディアが垂れ流し続けてきたコロナの「嘘」を断罪する。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

専門家とメディアが作り上げたインフォデミックによって我われは「1億総強迫神経症」になってしまったー新型コロナが炙り出した「日本人論」。

目次(「BOOK」データベースより)

日本人の民度が高いはずない/アビガン、隔離、マスクーコロナ治療薬として承認されるアビガン/インフォデミックを見破れ!/感染者と陽性者は違うーコロナを懐疑的に見始めた専門家たち/コロナ差別は恐怖から生まれる/“外伝”テレビが恐怖の叩き売り/サイエンスとは何か?-感染症「2類相当」除外を巡る議論/専門家を妄信しない理由/闘論席 コロナは慈愛に満ちたウイルス/“特別インタビュー”京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授・宮沢孝幸氏 大局的に見通せる本当の専門家がいないコロナ禍は「疫病」ではなく「人災」だ!〔ほか〕

著者情報(「BOOK」データベースより)

小林よしのり(コバヤシヨシノリ)
1953年、福岡県生まれ。漫画家。大学在学中に『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、ギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。1992年、『週刊SPA!』(扶桑社)誌上で世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。論争を巻き起こす。webマガジンを週1回配信。公論の場として「ゴー宣道場」も主催する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(23件)

総合評価
 4.24

ブックスのレビュー(11件)

  • コロナに人生を左右されてはならない
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2020年12月23日

    自分が生きている間にこんな事が起きるとは想像だにしなかった、
    そんな風に感じているのは自分だけではないはず。
    このコロナ禍が突き付けたのは、「死」とは何か、「日本人」とは何か、という根源的な問いである。
    この本は、新型コロナを「題材」にして、その問いへ自問自答する為のヒントに溢れている。
    ・真のウイルス専門家である京大の宮沢孝幸氏へのインタビュー形式で新型コロナウィルスの正体を幅広く学べ、
    ・在宅緩和ケア専門医で、これまで1500人以上の終末期に携わってきた萬田緑平氏との対談で死生観について考えを深める事ができ、
    ・極め付けは「最終章: ウイルスは人間中心主義を否定する」で生物とウイルスとの共生の歴史までを網羅する壮大なスケールの作品である。
    なお、指定感染症第二類相当であるのが疑問ありまくりの新型コロナの位置付けは、以下の動かぬ事実だけで十分であろう。
    今年2月から始まった間接死を含んだ新型コロナの日本の死者数は2020年12月20日時点で2899人。昨年一年間の日本全体の死者数は138万人だが、これを目安にすると、コロナの死者数2899人(がん患者含む)は、全体の死者数の約0.2%、仮に13800人まで増えたとしても、ようやく全体の1%程度。
    指定感染症第五類のインフルエンザでは、毎年、間接死を含めて約1万人が亡くなっている。
    欧米に比べて、なんと日本人は恵まれているか、ご先祖さまに感謝。
    是非、読後の頭の中の曇りが晴れる爽快感を、他の皆さんにも味わってほしい。

    3人が参考になったと回答

  • (無題)
    まこちゃん369
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年01月24日

    最高です
    普段思ってることがそのまんま確信できました

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    taccassi
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年01月04日

    独特の切り口から書かれた本書を読んで、コロナに対する国内対応について、新しい見方ができました。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと41

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ