[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 文学 > その他
  • 前ー哲学的初期論文集[内田樹]
  • 前ー哲学的初期論文集[内田樹]
  • 前ー哲学的初期論文集[内田樹]
前ー哲学的初期論文集[内田樹]
  • Googleプレビュー

前ー哲学的 初期論文集
内田 樹

1,980(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2020年12月23日頃
  • 著者/編集:   内田 樹
  • 出版社:   草思社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  304p
  • ISBN:  9784794224781

商品説明

内容紹介(出版社より)

思想家・内田樹が駆け出しのフランス文学者時代に執筆した、フランス文学・哲学関連の論文を集成。偏愛するレヴィナス、ブランショ、カミュ(『異邦人』『ペスト』『カリギュラ』『シシュポスの神話』)を題材に、緊張感溢れる文章で綴った七篇の論考。「なぜ人を殺してはいけないのか」「いかにして成熟するか」--。著者の原点である倫理的なテーマに真摯に向き合う。

【「まえがき」より】
 本書は僕が若い頃に書いたフランス文学、哲学についての論文を集めたものです。副題に「初期論文集」とありますように、多くはフランス文学者として駆け出しの80年代から90年代にかけて書かれたものです。(……)ふだん僕が書いているものと比べると、微妙に「よそよそしい」です。
 でも、こういうふうにある種の「定型のしばり」がある方が文章には独特の緊張感が出てきます。本当は「変な話」を書きたいのだけれど、それを学術的定型の中に収めて、合法的に表現しなければならない。そういう葛藤が独特の「味わい」を出しているように思います。時間が経って読み返すと、やはり「定型的な書き方に表面的には従属しながら、ひそかにゲリラ戦を展開している」という不心得なタイプの書き物の方が面白い。「不心得」であるときに「水を得た魚のようになる」というのがどうも僕の変わることのない本性のようです。
 それからタイトルについて一言。
「前?哲学的」(préーphilosophique)というのはエマニュエル・レヴィナスの言葉です。本書に収録された「声と光」という論文の中に出てきます。「哲学的な思惟はすべて前?哲学的な経験をその根拠とする」というレヴィナスのフレーズをその論文の中で僕は引用しています。
 ここに収録された論文はいずれも「哲学的思惟」について論じたものではありませんし、何らかの「哲学的思惟」を文字化したものではありません。そうではなくて、いずれも「哲学的思惟」が形成される手前の、僕自身のリアルな「前?哲学的経験」について語っています。「前?哲学的経験」とは、僕の個人的なとまどいや、ためらいや、あるいは感動や開放感のような身体的な経験のことです。それ自体はまだ明確なアイディアとしてはかたちをなしてはいません。でも、「哲学的思惟」の名に値するものは、この名状しがたい、未定型な泡のような思念の運動からしか出てこない。僕はそう考えています。では、どうぞお読みください。面白く読んで頂けるといいんですけど。

【目次】
まえがき
20世紀の倫理ーーニーチェ、オルテガ、カミュ
アルジェリアの影ーーアルベール・カミュと歴史
「意味しないもの」としての〈母〉--アルベール・カミュと性差
鏡像破壊ーー『カリギュラ』のラカン的読解
アルベール・カミュと演劇
声と光ーーレヴィナス『フッサール現象学における直観の理論』の読解
面従腹背のテロリズムーー『文学はいかにして可能か』のもう一つの読解可能性
解題

内容紹介(「BOOK」データベースより)

思想家・内田樹が駆け出しのフランス文学者時代に執筆した、フランス文学・哲学関連の論文を集成。偏愛するレヴィナス、ブランショ、カミュを題材に、緊張感溢れる文章で綴った七篇の論考。「なぜ人を殺してはいけないのか」「いかにして成熟するか」-。著者の原点である倫理的なテーマに真摯に向き合う。

目次(「BOOK」データベースより)

20世紀の倫理ーニーチェ、オルテガ、カミュ/アルジェリアの影ーアルベール・カミュと歴史/「意味しないもの」としての“母”-アルベール・カミュと性差/鏡像破壊ー『カリギュラ』のラカン的読解/アルベール・カミュと演劇/声と光ーレヴィナス『フッサール現象学における直観の理論』の読解/面従腹背のテロリズムー『文学はいかにして可能か』のもう一つの読解可能性

著者情報(「BOOK」データベースより)

内田樹(ウチダタツル)
1950年、東京都生まれ。思想家、武道家。神戸女学院大学名誉教授、凱風館館長。東京大学文学部仏文科卒業、東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。著書に『私家版・ユダヤ文化論』(小林秀雄賞)、『日本辺境論』(新書大賞)など多数。伊丹十三賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年11月29日 - 2021年12月05日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第-位( - ) > 文学:第723位(↓) > その他:第136位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと10

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ