現在地
トップ >  > 新書 > その他
最後の人声天語(文春新書)[坪内祐三]
  • Googleプレビュー

最後の人声天語 (文春新書)
坪内 祐三

1,045(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年01月20日頃
  • 著者/編集:   坪内 祐三
  • レーベル:   文春新書
  • 出版社:   文藝春秋
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  256p
  • ISBN:  9784166612970

よく一緒に購入されている商品

  • 最後の人声天語(文春新書)[坪内祐三]
  • +
  • 在宅ひとり死のススメ(文春新書)[上野千鶴子]
  • 最後の人声天語 (文春新書)
  • 坪内 祐三

1,045円(税込)

在庫あり

880円(税込)

在庫あり

合計 1,925円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
平成から令和へ時代が代わっても、その眼差しは変わらない。本と雑誌をこよなく愛し、大相撲と映画に興奮する。好きな街を歩き、友と酒を飲む。誰よりも怒って、誰よりも褒めた…。急逝した評論家による最後の探訪コラム集!

【目次】(「BOOK」データベースより)
2015年(いつの日か私は学研の「現代日本の文学」を全巻揃えることが出来るだろうか/「から」はあった方が良いのかもしれない ほか)/2016年(第三次世界大戦が始まったというのに/十三年前の暮の野坂昭如さんとの一夜 ほか)/2017年(マイナンバー制度の謎/映画館でサミュエル・フラーの作品を三本見た ほか)/2018年(日馬富士に振り廻された一年だった/一九六八年革命から五十年 ほか)/2019年(桜田大臣は「現代の病」と無縁なんだ/平成という時代の終わりに ほか)/2020年(なぜますます画一的な人間を育てようとするのか/和田誠さんとお話したかったこと)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
坪内祐三(ツボウチユウゾウ)
1958年東京都渋谷区生まれ。評論家。早稲田大学大学院英文科修士課程修了。1987年から1990年まで「東京人」編集部員。1997年、『ストリートワイズ』(晶文社)でデビュー。2001年9月、『慶応三年生まれ 七人の旋毛曲り』(マガジンハウス)で講談社エッセイ賞を受賞。2020年1月13日、心不全のため急逝。著書多数。「人声天語」は、「文藝春秋」誌上で2003年から続く長寿連載だった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    2. 2
      在宅ひとり死のススメ
      在宅ひとり死のススメ

      上野 千鶴子

      880円(税込)

    3. 3
      みんなが知らない アナと雪の女王 なぜエルサは生まれたのか
      みんなが知らない アナと雪の女王 なぜ…

      マリ・マンクーシ

      770円(税込)

    4. 4
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    5. 5
      天使たちの課外活動8
      天使たちの課外活動8

      茅田 砂胡

      1,100円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ