秋のレシピ本フェア2021
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 経営 > 経営戦略・管理
スケールフリーネットワークものづくり日本だからできるDX[島田太郎]
  • Googleプレビュー

スケールフリーネットワーク ものづくり日本だからできるDX
島田 太郎

2,420(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年01月09日頃
  • 著者/編集:   島田 太郎尾原 和啓
  • 出版社:   日経BP
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  240p
  • ISBN:  9784296107711

商品説明

内容紹介(出版社より)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「求められているのは発想の転換だ 」
ーーー東京大学大学院工学系研究科教授、松尾 豊氏

「これから始まる二回戦、日本にはすごいチャンスがある」
ーーー早稲田大学大学院経営管理研究科教授 入山 章栄 氏
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「次戦に備えて日本が採るべき戦略とは」


デジタル庁創設で出遅れたデジタル化を急ぐ日本政府、
DXを果敢に叫び、コロナ禍を生き延びようとする日本企業。

日本が抱えてきた課題を一気に顕在化せしめた新型コロナは、
容赦ない変革を日本企業に突きつけています。
グーグル、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アップルといった
いわゆるGAFAと呼ばれる企業群はコロナ禍を追い風に変え、成長を加速させています。

完全にGAFAに覇権を握られ、生きる道を失ったかに見える日本企業。
そして、「失われた30年」を過ごしてきたと言われる日本企業。
しかし、本当に日本は失うだけの時間を過ごしてきたのでしょうか。

「選択と集中」ができなかった日本には、技術や人の多様性が残りました。
そして、これこそが今から始まる二回戦で大きな武器と変わるのです。

GAFAが寡占したかに見えるデータは実は一部。
二回戦はハードウエアに強い日本企業に大きなチャンスをもたらします。
活用されていない貴重なデータの多くが現実世界に眠っているのです。

本著で紹介する「スケールフリーネットワーク」は20世紀後半に発見された、
比較的新しいネットワーク理論です。

この理論をビジネスに応用することで、
イノベーションを起こす土壌を作り出すことができます。

スケールフリーネットワークを実践してきた東芝執行役上席常務・最高デジタル責任者で、東芝デジタルソリューションズ取締役社長を務める島田太郎氏、『アフターデジタル』や『DeepTech(ディープテック)』などのベストセラー本を通じて日本が進むべき道を照らし続けるフューチャリストの尾原和啓氏が、スケールフリーネットワークがもたらすインパクトを解説します。
第1章 日本企業は「DX」にどう立ち向かえばいいのか
第2章 スケールフリーネットワークの爆発力
第3章 アフターデジタルの世界で日本が持つ優位性
第4章 日本が取るべきステップとは
第5章 発想を転換できれば、日本にはチャンスがある
第6章 二回戦に向けて、日本企業が備えるべきこと

特別収録 タニタ代表取締役社長 谷田千里氏 対談
特別収録 東芝代表執行役社長CEO 車谷暢昭氏 インタビュー

内容紹介(「BOOK」データベースより)

次戦に備えて日本が採るべき戦略とはーGAFA覇権の裏に「スケールフリーネットワーク」。戦いの舞台はネットとリアルをつなぐ「サイバーフィジカル」へ。イノベーションを生み出す「場」を作る。アフターデジタルで輝きを増す日本の資産。DXの成功を導く3つのステップ。

目次(「BOOK」データベースより)

1 日本企業は「DX」にどう立ち向かえばいいのか/2 スケールフリーネットワークの爆発力/自分から発信すれば、必ず何かが返ってくる(タニタ代表取締役社長・谷田千里氏)/3 アフターデジタルの世界で日本が持つ優位性/モノ、サービス、データをすべて手がけるCPSカンパニーを目指す(東芝代表執行役社長CEO・車谷暢昭氏)/4 日本が取るべきステップとは/5 発想を転換できれば、日本にはチャンスがある/6 二回戦に向けて、日本企業が備えるべきこと

著者情報(「BOOK」データベースより)

島田太郎(シマダタロウ)
東芝執行役上席常務・最高デジタル責任者。90年に新明和工業に入社し、航空機開発に携わる。PLM(製品ライフサイクル管理)を手がけるシーメンスPLM(当時SDRC)へ。同社の日本法人社長を経て、シーメンスのドイツ本社に勤務。その後、日本法人の専務としてインダストリー4.0を推進。東芝では、事業のデジタル化の責任者としてDXを推進している

尾原和啓(オバラカズヒロ)
フューチャリスト。京都大学大学院で人工知能を研究。マッキンゼー・アンド・カンパニーやNTTドコモ、グーグル、リクルート、楽天など数多くの企業で新規事業立ち上げを担う。現在はシンガポール、インドネシアのバリ島が拠点。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(15件)

総合評価
 4.21

ブックスのレビュー(3件)

  • (無題)
    Misc
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年05月07日

    始めて聞いた「スケールフリー」単語を理解したいために購入しました。
    なんとなく事業のヒントが得られたような気がすますが、自分の事業にどのように落とすかは今後検討が必要です。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年03月19日

    アフターコロナでの動きがよく分かってとても良かったです。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    onochan2004
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年03月05日

    ドイツのインダストリー4.0で起きたDXを知悉した筆者が、東芝で推進したPOSレジとスマートフォンをつないだ「スマートレシート」システムがある。ペーパーレスがはかれ、A4コピー百億枚以上の節減見込みとのこと。ネットワークはもうGAFAなど大企業に押さえられているのではないかと思われる方もおられるでしょうが、これからが2回戦であり、リアルがネットを変革します。特に日本は「選択と集中」しきれなかったポテンシャルがあるので、ものづくり日本だからできるDXが楽しみである。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

入荷予約

残りあと3

2021年10月下旬発送予定

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ