本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 文庫 > 人文・思想・社会

勘定侍 柳生真剣勝負〈三〉 画策
上田 秀人

737(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年02月05日
  • 著者/編集:   上田 秀人
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  304p
  • ISBN:  9784094068740

よく一緒に購入されている商品

  • 勘定侍柳生真剣勝負〈三〉画策[上田秀人]
  • +
  • 惣目付臨検仕る抵抗(光文社文庫)[上田秀人]
  • 勘定侍 柳生真剣勝負〈三〉 画策
  • 上田 秀人

737円(税込)

在庫あり

704円(税込)

在庫あり

合計 1,441円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

武士の剣術と商人の金策との一騎打ち!

大坂一の唐物問屋から柳生家の勘定方となった淡海一夜。

当主の柳生但馬守宗矩から百石を毟り取り、江戸屋敷で働きはじめたのはいいが、ずさんな帳面を渋々あらためる毎日だ。

しかも、足し算引き算も満足にできない武士たちに辟易するなか、伊賀忍の佐夜を女中として送り込まれ、さらには勘定方の差配まで任される始末。

そのうえ、温かい飯をろくに食べる間もなく、柳生家出入りの大店と商談しなければならないのだ。

家中の者と出入りの商人がしていた、いい加減な取引に呆れながら、一夜は大鉈を振るう。

一方、老中の堀田加賀守正盛は嫉妬心を剥き出しにし、柳生の国元に暮らす柳生左門友矩を的に密命を発した。

また他方では、一夜の祖父・淡海屋七右衛門が、一刻も早く孫を取り戻すべく、柳生家を脅かす秘策を練る。

三代将軍の家光までもが、ついに底意を露わにし、宗矩はさらなる危機に陥ってしまい……。

果たして一夜は、柳生家を立て直せるのか?

修羅場の痛快時代小説、シリーズ第三弾!


【編集担当からのおすすめ情報】
おかげさまで、シリーズ第一弾『召喚』、第二弾『始動』、ともに発売即大重版となりました! 大坂商人の主人公・一夜のセリフ回しが漫才のように面白い、最高のシリーズです!!

内容紹介(「BOOK」データベースより)

大坂商人から柳生家の勘定方となった淡海一夜。当主の宗矩から百石を毟り取り、江戸屋敷で暮らしはじめたのはいいが、ずさんな帳面を渋々改めているなか、伊賀忍の佐夜を女中として送り込まれ、さらには勘定方の差配まで任される始末。そのうえ、温かい飯をろくに食べる間もなく、柳生家出入りの大店と商談しなければならないのだ。一方、老中の堀田加賀守は妬心を剥き出しに、柳生の国元を的にする。他方、一夜の祖父・七右衛門は、孫を取り戻すべく、柳生家を脅かす秘策を練る。三代将軍・家光も底意を露わにし、一夜と柳生家が危機に陥り…。修羅場の第三弾!

著者情報(「BOOK」データベースより)

上田秀人(ウエダヒデト)
1959年、大阪府生まれ。大阪歯科大学卒業。97年、「身代わり吉右衛門」で第二十回小説CLUB新人賞佳作受賞。2010年、『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社)で第十六回中山義秀文学賞受賞。「奥右筆秘帳」シリーズ(講談社文庫)は、「この時代小説がすごい!」の09年版、14年版と二度にわたり、文庫シリーズ第一位を獲得。さらに、第三回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞も受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(5件)

総合評価
 5.0

ブックスのレビュー(4件)

  • 一夜の行動力の凄さが際立つ
    伝助038/dn
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年02月27日

    大坂一といわれる唐物問屋淡海屋の孫・一夜(20歳)が突然、実父・柳生但馬守宗矩に召喚され武士となり、柳生家の勘定方の頭として嫌々?活躍する姿を描く、その第3弾。
    *
    大坂商人から柳生家の勘定方となった淡海一夜。当主の宗矩から百石を毟り取り、江戸屋敷で暮らしはじめたのはいいが、ずさんな帳面を渋々改めているなか、伊賀忍の佐夜を女中として送り込まれ、さらには勘定方の差配まで任される始末。そのうえ、温かい飯をろくに食べる間もなく、柳生家出入りの大店と商談しなければならないのだ。一方、老中の堀田加賀守は妬心を剥き出しに、柳生の国元を的にする。他方、一夜の祖父・七右衛門は、孫を取り戻すべく、柳生家を脅かす秘策を練る。三代将軍・家光も底意を露わにし、一夜と柳生家が危機に陥り。。。
    *
    柳生家を食い物にしていた商人や数に疎い勘定方を切っていく一夜の行動力の凄さが際立った一巻でした。また、その能力の高さを聞き知ったか?将軍・家光が一夜を目通りしたいと言い出した。これは次巻以降の展開が楽しみです。
    −−−−−
    ■本書の基本情報
    ・筆者:上田秀人(ウエダ ヒデト)
    ・略歴:1959年、大阪府生まれ。大阪歯科大学卒業。97年、「身代わり吉右衛門」で第二十回小説CLUB新人賞佳作受賞。2010年、『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社)で第十六回中山義秀文学賞受賞。「奥右筆秘帳」シリーズ(講談社文庫)は、「この時代小説がすごい!」の09年版、14年版と二度にわたり、文庫シリーズ第一位を獲得。さらに、第三回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞も受賞。
    ・発行:小学館
    ・発売:2021年2月
    ・ページ数:289p
    ■これまでに購読した上田秀人の著書
    ・「孤闘 立花宗茂」
    ・「峠道 鷹の見た風景」(上杉鷹山)
    ・「将軍家見聞役 元八郎」(全6巻)
    ・「勘定吟味役異聞」(全8巻)
    ・「妾屋昼兵衛 女帳面」(全8巻)、妾屋の四季
    ・「お髷番承り候」(全10巻)
    ・「奥右筆秘帳」(全12巻)、「奥右筆外伝」
    ・「御広敷用人 大奥記録」(全12巻)
    ・「町奉行内与力奮闘記」(全9巻)
    ・「百万石の留守居役」…第16巻まで
    ・「聡四郎巡検譚」(全6巻)
    ・「勘定侍 柳生真剣勝負」…第2巻まで(本書)
    ・「惣目付臨検仕る」…第1巻まで
    −−−−−
    ◆AFP情報 … ジャンル:本・雑誌・コミック、料率:3%

    26人が参考になったと回答

  • 元商人と武士との闘いが始まりました。
    ぶらり1957
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年02月05日

    上田秀人先生の時代小説を読むことにしました。1巻、2巻と読んで3巻目なので期待して読みたいと思います。

    1人が参考になったと回答

  • 武士の気位と商人の金銭感覚の闘い
    かかし1944
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年03月26日

    武と商の戦いの様に感じる武士は気位ばかり高くても商人に頭が上がらなくなりつつある時世で武士が商人の金銭感覚を嫌と言う程知らされる事に為る。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】[新版]日本国紀<上>
      【予約】[新版]日本国紀<上>

      百田 尚樹

      825円(税込)

    2. 2
      【予約】[新版]日本国紀<下>
      【予約】[新版]日本国紀<下>

      百田 尚樹

      825円(税込)

    3. 3
      収容所から来た遺書
      収容所から来た遺書

      辺見 じゅん

      682円(税込)

    4. 4
      陰の人
      陰の人

      佐伯泰英

      770円(税込)

    5. 5
      元彼の遺言状
      元彼の遺言状

      新川 帆立

      750円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ