エントリー&楽天マガジン初めてのお申し込みで、楽天ブックスでのお買い物が全品ポイント10倍
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 産業 > 林業・水産業
春を待つ海福島の震災前後の漁業民俗[川島秀一]
春を待つ海福島の震災前後の漁業民俗[川島秀一] 春を待つ海福島の震災前後の漁業民俗[川島秀一]
  • Googleプレビュー

春を待つ海 福島の震災前後の漁業民俗
川島 秀一

1,980(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
東日本大震災・福島原発事故から10年ー福島の漁業は……

本書は、震災の津波で流されて跡形もなくなり、さらに原発事故で漁業が制限された福島県相馬郡の釣(つる)師(し)浜(はま)の漁師の以前の生活と、震災後の動向を描いています。

日本の文化と伝統を調査・記録してきた民俗学者が、漁師と共に暮らして実際に漁業に携わりながら、海と人間の生活、自然のなかの生命を考えます。「漁業」には、漁獲量や漁法などだけでは決してとらえることができない、海と共に生きるための奥深い生活があります。
自然の中の人間という位置を、悲しみのなかで再認識した10年前の大震災と原発事故──人間が自然の海を管理できると思うのではなく、この列島でながいあいだ伝えられてきた漁師たちの文化を大切にして、目の前の海で生活できる漁業の幸せこそ守るべきものだ、と語ります。
第一章 シタモノと食い魚
第二章 魚を売りに行く
第三章 春雄さんの半生記
第四章 新地の沿岸漁業
第五章 新地の漁業民俗
第六章 寄りものとユイコ
第七章 海辺のムラの災厄観
第八章 東日本大震災からの漁業

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
日本の文化と伝統を調査してきた民俗学者が漁師と共に暮らして実際に漁業に携わりながら海と人間の生活、自然のなかの人間を考えます。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめにーにわか漁師の奮闘記/第1章 シタモノと食い魚/第2章 魚を売りに行く/第3章 春雄さんの半生記/第4章 新地の沿岸漁業/第5章 新地の漁業民俗/第6章 寄りものとユイコ/第7章 海辺のムラの災厄観/第8章 東日本大震災からの漁業/あとがきー福島の海と暮らして

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
川島秀一(カワシマシュウイチ)
1952年生まれ。宮城県気仙沼市出身。法政大学社会学部卒業。博士(文学)。東北大学附属図書館、気仙沼市史編纂室、リアス・アーク美術館、神奈川大学特任教授、東北大学災害科学国際研究所教授などを歴任。現在、日本民俗学会会長。著書に、『安さんのカツオ漁』(2015、第26回高知出版学術賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年06月07日 - 2021年06月13日)

     :第-位( - ) > ビジネス・経済・就職:第5551位(↑) > 産業:第1792位(↑) > 林業・水産業:第90位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ