現在地
トップ >  > 新書 > その他
コロナとバカ(小学館新書)[ビートたけし]
  • Googleプレビュー

コロナとバカ (小学館新書)
ビート たけし

880(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年02月01日頃
  • 著者/編集:   ビート たけし
  • レーベル:   小学館新書
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  192p
  • ISBN:  9784098253906

よく一緒に購入されている商品

  • コロナとバカ(小学館新書)[ビートたけし]
  • +
  • スマホ脳(新潮新書)[アンデシュ・ハンセン]
  • コロナとバカ (小学館新書)
  • ビート たけし

880円(税込)

在庫あり

1,078円(税込)

在庫あり

合計 1,958円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
ウイルスより、よっぽどヤバいぞニッポン人

<本書に登場する残念な人たち>
●国民に外出自粛をお願いしておいて、自分の妻には言えない前総理大臣
●スイーツやコミック好きをアピールして「かわいいオジサン」ぶる現総理大臣
●政権批判ブームが終わったとたん、すっかり黙りこんでしまった芸能人
●総理大臣が辞めるとなった途端、ご祝儀で支持率をアップさせる日本人
●世襲なのに「自分の手柄」と勘違いしている政治家
●コロナでも営業しているパチンコ店を実名公表して宣伝してしまった府知事
●パフォーマンスばかりで実際は何にもやってない都知事
●交通事故で人を死なせておいて、「車の誤作動だった」と言い張る老人
●手間と時間をかけて「GoToイート錬金術」で小銭を稼ぐ貧乏人
●SNSで人を叩くくせに、面と向かっては何も言えないネット民
●大谷翔平や藤井聡太を見て、「自分の子も」と考える親
●小学生の「あだ名」を禁止して、イジメを止めたと思ってる教育委員会

まだまだ出てくるバカばかり。 ああ、こんなニッポンに誰がした!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
2020年、新型コロナウイルスは我々の日常を一変させた。そして、これまで隠されていたニッポン人の「愚かさ」「醜さ」をも炙り出したー。パフォーマンス先行で右往左往する政治家たち、感染拡大でも「五輪」「万博」にすがる経済界、不倫報道に一喜一憂の芸能界、そして世界の動きに見て見ぬふりのニッポン人。ああ、どこを見渡してもバカばかり。「おいおい、この国本当に大丈夫か」-天才・ビートたけしが語る毒だらけの現代評論。志村けんちゃん、渡哲也さん…同じ時代を生きた“戦友たち”へのメッセージも完全収録!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 コロナが炙り出した「ニッポンのバカ」/第2章 さよなら、愛すべき人たちよ/第3章 ニュース・テレビの「お騒がせ事件簿」

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
ビートたけし(ビートタケシ)
1947年東京都足立区生まれ。漫才コンビ「ツービート」で一世を風靡。その後、テレビ、ラジオのほか映画やアートでも才能を発揮し、世界的な名声を得る。97年『HANA-BI』でベネチア国際映画祭金獅子賞、2003年『座頭市』で同映画祭監督賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(12件)

総合評価
 3.25

ブックスのレビュー

  • (無題)
    Telemadang
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2021年04月08日

    雑誌の連載を抜粋して新書化したとのことで、毎回新書になったものを読んでいる。
    元々本人が実際に書いているとは思っていなかったが、最近はゴーストライター臭が以前よりも一層感じられ、たけしが言いそうなことをいかにも別人が書いているという感じがして、途中で読む気を失った。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年03月16日

    新聞広告で面白いと思って購入しました。期待していた程の毒舌ではないのが少し期待外れでしたがそれでも面白いと思いました。

    0人が参考になったと回答

  • 健忘症?
    S・Tちゃん
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2021年02月04日

    コロナそのものについてはもとより、無策な政治家、役人、延いては彼らに踊らされているニッポン人に、相変わらずの毒舌……なのだが、以前、書いた話が再登場するなど、疑問符が付く部分も。小説も含め、このところ書きまくっているビートたけし氏だけに、忘れたネタが重複するのか。最近の出版物の中ではレベルが落ちる。暇つぶしに読むのだから、どうでもいいけど。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年05月03日 - 2021年05月09日)

     :第4101位(↓) > 新書:第176位(↓) > その他:第58位(↓)

  • 日別ランキング(2021年05月15日)

     :第9716位(↑) > 新書:第342位(↑) > その他:第91位(↑)

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      京大 おどろきのウイルス学講義
      京大 おどろきのウイルス学講義

      宮沢 孝幸

      1,023円(税込)

    2. 2
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    3. 3
      安いニッポン 「価格」が示す停滞
      安いニッポン 「価格」が示す停滞

      中藤 玲

      935円(税込)

    4. 4
      在宅ひとり死のススメ
      在宅ひとり死のススメ

      上野 千鶴子

      880円(税込)

    5. 5
      小説家になって億を稼ごう
      小説家になって億を稼ごう

      松岡 圭祐

      880円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ