秋のビジネス書フェア
現在地
トップ >  > 語学・学習参考書 > 語学学習 > 英語
日英語対照研究と談話分析[伊藤晃]
日英語対照研究と談話分析[伊藤晃] 日英語対照研究と談話分析[伊藤晃] 日英語対照研究と談話分析[伊藤晃]
  • Googleプレビュー

日英語対照研究と談話分析
伊藤 晃

1,980(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(4件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年02月25日頃
  • 著者/編集:   伊藤 晃
  • 出版社:   大学教育出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  152p
  • ISBN:  9784866921228

商品説明

内容紹介(出版社より)

日本語と英語の構文の振る舞いを分析し、比較対照することによって、それぞれの言語の特徴を明らかにするものである。分析対象としては、分裂文、文主語、非限定的関係節などを取り上げている。
第1章 日英語の分裂文の対照研究─焦点化可能な要素に関する制約を中心に─
第2章 日英語の分裂文の対照研究─前提部分が表す情報の違いについて─
第3章 日英語の Open Proposition に関する一考察
第4章 日英語の頻度表現と主観性─“often” と「しばしば」を中心に─
第5章 日英語の非限定的修飾節の構文における機能について
第6章 日英語の非限定的修飾節の談話における機能について
第7章 日英語の文主語の対照研究
第8章 日英語の埋め込み文をめぐって
第9章 日英語の結果構文に関する一考察
第10章 日英語の伝聞表現について
引用・参考文献

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 日英語の分裂文の対照研究ー焦点化可能な要素に関する制約を中心に/第2章 日英語の分裂文の対照研究ー前提部分が表す情報の違いについて/第3章 日英語のOpen Propositionに関する一考察/第4章 日英語の頻度表現と主観性ー“often”と「しばしば」を中心に/第5章 日英語の非限定的修飾節の構文における機能について/第6章 日英語の非限定的修飾節の談話における機能について/第7章 日英語の文主語の対照研究/第8章 日英語の埋め込み文をめぐって/第9章 日英語の結果構文に関する一考察/第10章 日英語の伝聞表現について

著者情報(「BOOK」データベースより)

伊藤晃(イトウアキラ)
1959年大阪府東大阪市生まれ。1982年関西大学商学部商学科卒業。1991年神戸市外国語大学第2部英米学科卒業。1993年神戸市外国語大学大学院外国語学研究科(修士課程)修了。1996年立命館大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、北九州市立大学基盤教育センター教授。専攻は英語学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ