本屋大賞決定!
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 雑学・出版・ジャーナリズム > その他
図解学問のすすめカラリと晴れた生き方をしよう[齋藤孝]
図解学問のすすめカラリと晴れた生き方をしよう[齋藤孝] 図解学問のすすめカラリと晴れた生き方をしよう[齋藤孝] 図解学問のすすめカラリと晴れた生き方をしよう[齋藤孝]
  • Googleプレビュー

図解 学問のすすめ カラリと晴れた生き方をしよう
齋藤孝

1,540(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年03月18日頃
  • 著者/編集:   齋藤孝
  • 出版社:   ウェッジ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  192p
  • ISBN:  9784863102378

商品説明

【内容情報】(出版社より)
「学問のすすめ」は、福沢諭吉が明治初年に書いた大ベストセラーですが、読み返してみると、「なんだこの本は! 今の時代にぴったりじゃないか!」と驚く部分がたくさんあります。冒頭の「天は人の上に人を造らず」は超有名ですが、それ以外の部分にも、今のあなたにダイレクトに響く言葉が散りばめられています。
人は学問をすることで、「ビジネス」「政治へのスタンス」「親子問題」「人間関係のストレス」「自己評価」など自分と「世界」「外界」との関係を、カラリと晴れた世界に変えることができます。それこそが諭吉の「学問のすすめ」なのです。
1章 「社会」との付き合い方
社会が自分と遠いものになっていないか。社会に対する無関心や無力感に陥っていないか。それは自分にも社会にもよい結果をうまない。自分と社会を結ぶツールが「学問」だ
2章 「学問」との付き合い方
社会と向き合うためには、ものの道理を知ることが必要だ。それが「学問」である。学問を身につけて自分を独立させたら、次はその力を外に向かって使っていこう。
3章 「他人」との付き合い方
「学問」は、自分と他人との関係にも大きな変化を与えてくれる。親兄弟や他人のふるまいをどう考えるべきか、またどうふるまうべきか。それを知ることで、人間関係のストレスを大きく減らすことができる。
4章 「自分」との付き合い方
自分自身の内面を曇りなく見つめるときにも、「学問」は有効だ。自分自身をよく知り、制御することで、カラリと生きていくことができよう。

【目次】(「BOOK」データベースより)
まえがき 上機嫌に、明るく物事をとらえて生きよう/第1章 「社会」とのつきあい方/第2章 「学問」とのつきあい方/第3章 「他人」とのつきあい方/第4章 「自分」とのつきあい方/あとがき 福沢諭吉と2020年代のリアル

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
齋藤孝(サイトウタカシ)
明治大学文学部教授。1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て現職。専門は、教育学、身体論、コミュニケーション論。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ