本・雑誌 在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 科学・技術 > 工学 > 機械工学
走りの追求R32スカイラインGT-Rの開発[伊藤修令]
  • Googleプレビュー

走りの追求 R32スカイラインGT-Rの開発
伊藤 修令

2,200(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(2件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品情報

  • 発売日:  2021年03月26日頃
  • 著者/編集:   伊藤 修令
  • 出版社:   グランプリ出版
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  200p
  • ISBN:  9784876873821

商品説明

【内容情報】(出版社より)
1989年に登場したR32スカイラインは、本来のあるべき姿を取り戻すべく「走りの復活」を目指し、様々な新技術を導入して開発された。さらに16年ぶりに登場したGT-Rは注目を集め、レース活動でも活躍を遂げた。本書は、開発主管自身が、スカイラインを生み出したプリンス自動車の頃から、R32開発に至る経緯、実際の開発過程を詳細に解説する。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
1989年に登場したR32スカイラインは、本来のあるべき姿を取り戻すべく「走りの復活」を目指し、様々な新技術を導入して開発された。さらに16年ぶりに登場したGT-Rは注目を集め、レース活動でも活躍を遂げた。本書は、開発主管自身が、スカイラインを生み出したプリンス自動車の頃から、R32開発に至る経緯、実際の開発過程を詳細に解説する。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 スカイラインに憧れプリンスで学ぶ/第2章 歴代スカイラインの設計と変遷/第3章 スカイラインの主管として/第4章 R32スカイラインの企画/第5章 R32スカイラインの開発/第6章 R32GT-Rの開発/第7章 走りの追求とGT-Rのレース活動

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
伊藤修令(イトウナガノリ)
1937年広島県生まれ。1959年広島大学工学部機械工学科を卒業し、同年4月にプリンス自動車の前身である富士精密工業に入社。櫻井眞一郎の下でシャシー設計を担当。日産と合併後も歴代スカイラインの設計開発に携わる。1973年日産自動車第3シャシー設計課長。1981年からマーチやプレーリーの主管となる。1985年、櫻井眞一郎の後を受けて、R31スカイラインの主管。続いて8代目R32スカイラインを開発し、走りのスカイラインを復活させると共に、16年ぶりにスカイラインGT-Rを復活、その生みの親となる。その後オーテック・ジャパンの常務取締役として、1999年まで日産車をベースとした特装車の開発に従事した。2020年日本自動車殿堂入り。現在、岡谷市にある「プリンス&スカイラインミュージアム」の名誉館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年04月05日 - 2021年04月11日)

     :第-位( - ) > 科学・技術:第1960位(↓) > 工学:第709位(↓) > 機械工学:第146位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと47

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
カード払い、ご自宅への配送に限ります。代引き、コンビニなど一部条件において対象外となります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ