本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > エンタメ・ゲーム > その他
  • 特撮の地球科学古生物学者のスーパー科学考察[芝原暁彦]
  • 特撮の地球科学古生物学者のスーパー科学考察[芝原暁彦]
  • 特撮の地球科学古生物学者のスーパー科学考察[芝原暁彦]
  • 特撮の地球科学古生物学者のスーパー科学考察[芝原暁彦]
特撮の地球科学古生物学者のスーパー科学考察[芝原暁彦]
  • Googleプレビュー

特撮の地球科学 古生物学者のスーパー科学考察
芝原暁彦

1,870(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

樋口真嗣監督、田口清隆監督、斉藤麻衣氏、推薦!
ガチの科学者によるエキサイティングな特撮考察!!

ゴジラは高温高圧の地下マントルに潜り込める!!
ウルトラマンの目は古生物学的には進化した?
悪の秘密組織が日本ばかり狙うのには、太古の地球の大陸移動に理由あり!?
よく戦っているあの岩場の地学的意味とは?

画面に映る全てを「事実」と捉え、科学で解き明かす。
特撮偏愛古生物学者の考察本?
はじめに わたしは如何にして特撮を愛し、古生物学者になったか
第一部 なぜ、ゴジラはいつも東京を目指すのか。答えは地形にある
第二部 ウルトラマンの目は、おそらく少しずつ進化している
第三部 あえて考察しよう。なぜ、彼らはいつも岩場で闘うのかを。
第四部 特撮作品で悪墜ちしがちな古生物学者
おわりに

内容紹介(「BOOK」データベースより)

ウルトラマンの目は古生物学的には進化した?これが特撮映画の究極の楽しみ方!

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 ゴジラの移動ルートを分析!謎を解くカギは地形にあり(『シン・ゴジラ』、東京駅とヤシオリ作戦本部近すぎ問題/『シン・ゴジラ』の東京侵攻ルートを地形で見る! ほか)/第2部 ウルトラマンの目は、おそらく少しずつ進化している(『シン・ウルトラマン』を最速考察!?/『ウルトラマンZ』に登場する古生物たち ほか)/第3部 あえて考察しよう!なぜ、スーパー戦隊はいつも岩場で闘うのかを(『特撮三大いつも聖地』/『いつも聖地』は地理的にも理にかなっている! ほか)/第4部 ライダーで「悪墜ち」しがちな古生物学者、および研究と特撮の話(悪堕ちした古生物学者の代表格『仮面ライダーW』のラスボス/園咲琉兵衛は何を成し遂げようとしていたのか ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

芝原暁彦(シバハラアキヒコ)
1978年福井県出身。特撮に偏愛する古生物学者。恐竜学研究所客員教授。博士(理学)。18歳から20歳まで福井県の恐竜発掘に参加し、その後は北太平洋などで微化石の調査を行う。筑波大学で博士号を取得後は、(国研)産業技術総合研究所の地質標本館で化石標本の3D計測やVR展示など、地球科学の可視化に関する研究を行った。2016年には産総研発ベンチャー地球技研を設立、「未来の博物館」を創出するための研究を続けている

大内ライダー(オオウチライダー)
特殊ミュージシャン。自ら立ち上げた特撮リスペクトバンド「科楽特奏隊」は円谷プロダクション公認のもと2017年にメジャーデビュー。田口清隆氏が監修を務めたミュージックビデオはYouTube再生回数1000万回超を記録した。そのほか様々なバンドを兼任する傍ら、特撮マニアとして数々のメディアに出演。オタクカルチャーへの造詣の深さを活かし「映画秘宝」シリーズやネット媒体でライターとしても活躍する。近年では「東京コミコン2020」のMC、特撮関係者を招いてのトークライブ主催、イベントの企画運営などその活動は多岐にわたる

すざ木しんぺい(スザキシンペイ)
香川県出身のフリーイラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.00

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ