楽天Kobo・RakutenTV・楽天マガジンを初めてご利用で楽天ブックスでのお買いものがポイント最大28倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 雑学・出版・ジャーナリズム > その他
取材・執筆・推敲書く人の教科書[古賀史健]
  • Googleプレビュー

取材・執筆・推敲 書く人の教科書
古賀 史健

6位 雑学・出版・ジャーナリズム部門 楽天ブックス週間ランキング(2021年09月13日-2021年09月19日)ランキングを見る

3,300(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年04月08日頃
  • 著者/編集:   古賀 史健
  • 出版社:   ダイヤモンド社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  480p
  • ISBN:  9784478112748

よく一緒に購入されている商品

  • 取材・執筆・推敲書く人の教科書[古賀史健]
  • +
  • 進化思考生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」[太刀川英輔]
  • 取材・執筆・推敲 書く人の教科書
  • 古賀 史健

3,300円(税込)

在庫あり

3,300円(税込)

在庫あり

合計 6,600円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

「この一冊だけでいい。」
100年後にも残る、「文章本の決定版」を作りました。(担当編集者:柿内芳文)

編著書累計93冊、1100万部! 世界的ベストセラー『嫌われる勇気』のライターが教える、書く技術・伝える心得の永久決定版!
ライターや編集者はもちろん、すべてのクリエーター必読・必携!!

内容紹介(「BOOK」データベースより)

プロの「書く人」になるために。ひとりでも多くの人を喚起する「原稿」をつくるためにー。取材とは、インタビューのことではない。一冊の本のように「世界を読む」ところからすべては始まる。執筆とは、「書くこと」である以上に「考えること」。センスでなく思考のみが、達意の文章を生み出す。推敲とは、原稿を二段も三段も高いところまで押し上げていく行為であり、己の限界との勝負である。

目次(「BOOK」データベースより)

ガイダンス ライターとはなにか/取材(すべては「読む」からはじまる/なにを訊き、どう聴くのか/調べること、考えること)/執筆(文章の基本構造/構成をどう考えるか/原稿のスタイルを知る/原稿をつくる)/推敲(推敲という名の取材/原稿を「書き上げる」ために)

著者情報(「BOOK」データベースより)

古賀史健(コガフミタケ)
ライター。1973年福岡県生まれ。九州産業大学芸術学部卒。メガネ店勤務、出版社勤務を経て1998年にライターとして独立。2014年、ビジネス書ライターの地位向上に大きく寄与したとして、「ビジネス書大賞・審査員特別賞」受賞。翌2015年、「書くこと」に特化したライターズ・カンパニー、株式会社バトンズを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(24件)

総合評価
 4.77

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年04月16日

    今までの文章テクニック本とは異なり、論理的で筆者の主張の筋道がわかりやすかった。また最近よく見るいたずらに横文字を使うことなく書かれていることも好印象であった

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ