楽天Kobo初めての方限定!条件達成で電子書籍購入がポイント50倍
現在地
トップ >  > その他
扉はひらくいくたびも時代の証言者(単行本)[竹宮惠子]
  • Googleプレビュー

扉はひらく いくたびも 時代の証言者 (単行本)
竹宮 惠子

1,650(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 扉はひらくいくたびも時代の証言者(単行本)[竹宮惠子]
  • +
  • 一度きりの大泉の話[萩尾望都]
  • 扉はひらく いくたびも 時代の証言者 (単行本)
  • 竹宮 惠子

1,650円(税込)

在庫あり

1,980円(税込)

在庫あり

合計 3,630円(税込)

閉じる

商品説明

【内容情報】(出版社より)
戦後マンガの歴史と歩み、『ファラオの墓』『風と木の詩』『地球へ…』などのヒット作で、マンガ界に革命をもたらした漫画家・竹宮惠子の、生い立ちから、創作の秘密までを語った決定版自伝!

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
生い立ち、葛藤に直面した青春時代、名作『風と木の詩』『地球へ…』創作秘話、マンガを学問として追究、学生へ指導、デジタルを駆使し描くことへの新たな挑戦…時代と共に駆け抜けた、その半生を語りおろす。未知の表現に挑み続ける漫画家、竹宮惠子の決定版自伝。

【目次】(「BOOK」データベースより)
戦後マンガの歴史と歩む/子ども時代/漫画家への道/大泉サロン/風と木の詩 地球へ…/新たな境地を求めて/大学、未来へ

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
竹宮惠子(タケミヤケイコ)
1950年、徳島市に生まれる。徳島大学教育学部中退。68年『リンゴの罪』でデビュー。SF、同性愛、音楽、歴史などを題材に多彩な執筆活動を展開。80年、『風と木の詩』『地球へ…』により第25回小学館漫画賞を受賞。京都精華大学にて2000年〜教授就任。14年〜18年学長。12年日本漫画家協会賞・文部科学大臣賞受賞。14年紫綬褒章受章

知野恵子(チノケイコ)
ジャーナリスト。東京大学文学部心理学科卒業後、読売新聞入社。婦人部(現・生活部)、政治部、経済部、科学部、解説部の記者やデスク、編集委員を務めた。約35年にわたり、宇宙開発、科学技術、ICTなどを取材・執筆している。1990年代末のパソコンブームを受けて読売新聞が創刊したパソコン雑誌「YOMIURI PC」の初代編集長も務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(6件)

総合評価
 4.33

ブックスのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年05月10日

    読売新聞の連載インタビューを加筆再編した内容で読みやすい。大学にマンガ学部を創設し学長まで勤め現在名誉教授の竹宮さん。お父様があの小野田さんと陸軍中野学校の同期だったお話なども興味深かったです。萩尾望都さんと袂を分かったきっかけが、竹宮さんの萩尾さんに対する激しい嫉妬と羨望だったとは!常に漫画界の華やかな場所を歩いてきたイメージだったので、大スランプに悩み苦しんでいたのは意外でした。萩尾さんのお話も伺いたかったので彼女の独白本も併せて購入しました。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年04月28日

    ジャーナリストが聞き手になって構成して読売新聞に連載していた竹宮惠子さんの自伝。その時々の作品の一シーンや写真も織り交ぜながら、子ども時代から最近の大学での指導までを読み易く描いています(ファミリーヒストリー的な話も興味深いです)。本のタイトルに「扉はひらく」とありますが、竹宮さんの様々な作品は、読み手の扉もひらいてくれたと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと48

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ