本・雑誌 在庫あり商品対象!条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > その他
時務の研究者姜徳相在日として日本の植民地史を考える[姜徳相聞き書き刊行委員会]
時務の研究者姜徳相在日として日本の植民地史を考える[姜徳相聞き書き刊行委員会] 時務の研究者姜徳相在日として日本の植民地史を考える[姜徳相聞き書き刊行委員会]
  • Googleプレビュー

時務の研究者 姜徳相 在日として日本の植民地史を考える
姜徳相聞き書き刊行委員会

2,420(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

商品情報

商品説明

【内容情報】(出版社より)
在日の歴史研究者としての「時の務め」とは何か。
強制連行研究の第一人者、朴慶植は姜徳相に語った。
「朝鮮人が日本に住んでいるのは自分で好きで来たわけじゃない。それを明らかにするということだ。日本の政策によって来た人間だ。これは日本の国家責任だ。それを問うのが時務の歴史だ。それを訴えることが歴史家のやることだ」

植民地時代には皇国少年であり、のちに関東大震災時朝鮮人虐殺を世に問うた姜徳相が歩んだ半生。
歴史研究者として自立していく過程で出会った恩師や友人たちを回想するとともに、当事者である日本人が手付かずにしてきた植民地時代の研究を丹念に掘り起こし問題を提起し続けた、在日の歴史研究者たちを語る。
第1 部 少年期(植民地時代の皇国少年)

第2 部 青年期(民族を失った在日の苦悩)

第3 部 大学時代(中国史から朝鮮史へ)

コラム 国籍条項と差別

第4 部 研究者として歩みだす

第5 部 文化センター・アリラン創設(歴史や文化を学ぶ殿堂を)

第6 部 いま思うこと

在日史学について

あとがき/年譜

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

予約受付中

残りあと10

発売日以降のお届け

発売日よりも後のお届けになる可能性があります。
個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      コーチングのプロが教える 「また話したい」と思ってもらえる会話術
      電子書籍コーチングのプロが教える 「また話した…

      滝井 いづみ

      330円(税込)

    2. 2
      人に伝える7つの力 会話力速効ドリル
      電子書籍人に伝える7つの力 会話力速効ドリル

      石田章洋

      200円(税込)

    3. 3
      オードリー・タン 自由への手紙
      電子書籍オードリー・タン 自由への手紙

      クーリエ・ジャポン編集チーム

      1,073円(税込)

    4. 4
      スマホ脳(新潮新書)
      電子書籍スマホ脳(新潮新書)

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    5. 5
      ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集
      電子書籍ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

      石角完爾

      1,188円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ