アウトドア本フェア2022
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 伝記(外国)
  • 時務の研究者姜徳相在日として日本の植民地史を考える[姜徳相聞き書き刊行委員会]
  • 時務の研究者姜徳相在日として日本の植民地史を考える[姜徳相聞き書き刊行委員会]
時務の研究者姜徳相在日として日本の植民地史を考える[姜徳相聞き書き刊行委員会]
  • Googleプレビュー

時務の研究者 姜徳相 在日として日本の植民地史を考える
姜徳相聞き書き刊行委員会

2,420(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

在日の歴史研究者としての「時の務め」とは何か。
強制連行研究の第一人者、朴慶植は姜徳相に語った。
「朝鮮人が日本に住んでいるのは自分で好きで来たわけじゃない。それを明らかにするということだ。日本の政策によって来た人間だ。これは日本の国家責任だ。それを問うのが時務の歴史だ。それを訴えることが歴史家のやることだ」

植民地時代には皇国少年であり、のちに関東大震災時朝鮮人虐殺を世に問うた姜徳相が歩んだ半生。
歴史研究者として自立していく過程で出会った恩師や友人たちを回想するとともに、当事者である日本人が手付かずにしてきた植民地時代の研究を丹念に掘り起こし問題を提起し続けた、在日の歴史研究者たちを語る。
第1 部 少年期(植民地時代の皇国少年)

第2 部 青年期(民族を失った在日の苦悩)

第3 部 大学時代(中国史から朝鮮史へ)

コラム 国籍条項と差別

第4 部 研究者として歩みだす

第5 部 文化センター・アリラン創設(歴史や文化を学ぶ殿堂を)

第6 部 いま思うこと

在日史学について

あとがき/年譜

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 少年期(植民地時代の皇国少年)/第2部 青年期(民族を失った在日の苦悩)/第3部 大学時代(中国史から朝鮮史へ)/第4部 研究者として歩みだす/第5部 文化センター・アリラン創設(歴史や文化を学ぶ殿堂を)/第6部 いま思うこと

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】【楽天ブックス限定特典】翻訳書簡 『赤毛のアン』をめぐる言葉の旅(ポストカード)
      【予約】【楽天ブックス限定特典】翻訳書…

      上白石 萌音

      1,760円(税込)

    2. 2
      鎌倉殿の13人 後編
      鎌倉殿の13人 後編

      三谷 幸喜

      1,210円(税込)

    3. 3
      ほどよく距離を置きなさい
      ほどよく距離を置きなさい

      湯川 久子

      1,430円(税込)

    4. 4
      老いの福袋
      老いの福袋

      樋口 恵子

      1,540円(税込)

    5. 5
      人生は70代で決まる
      人生は70代で決まる

      綾小路きみまろ

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ