本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 文庫 > 人文・思想・社会

殺した夫が帰ってきました
桜井 美奈

748(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年04月06日
  • 著者/編集:   桜井 美奈
  • 出版社:   小学館
  • 発行形態:  文庫
  • ページ数:  304p
  • ISBN:  9784094070088

よく一緒に購入されている商品

  • 殺した夫が帰ってきました[桜井美奈]
  • +
  • 未来(双葉文庫)[湊かなえ]
  • 殺した夫が帰ってきました
  • 桜井 美奈

748円(税込)

在庫あり

858円(税込)

在庫あり

合計 1,606円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

やっと手にした理想の生活だったのに……

都内のアパレルメーカーに勤務する鈴倉茉菜。茉菜は取引先に勤める穂高にしつこく言い寄られ悩んでいた。ある日、茉菜が帰宅しようとすると家の前で穂高に待ち伏せをされていた。茉菜の静止する声も聞かず、家の中に入ってこようとする穂高。

その時、二人の前にある男が現れる。男は茉菜の夫を名乗り、穂高を追い返す。男は茉菜の夫・和希に間違いなかった。しかし、茉菜が安堵することはなかった。なぜなら、和希はかつて茉菜が崖から突き落とし、殺したはずだったからだ。

戸惑う茉菜をよそに、和希は茉菜の家に上がり込む。改めて話を聞いてみると、和希は過去の記憶を一部なくしており、茉菜と一緒に暮らしたいという。茉菜は渋々それを受け入れる。

かつての和希はとても暴力的な人間だったが、いざ暮らしはじめると、暴力的な影は一切見られず、平穏な日々が過ぎていった。

しかしそんな矢先、茉菜のもとに一通の手紙が届く。手紙には一言だけ「鈴倉茉菜の過去を知っている」と書かれていて……

記憶をなくし帰ってきた、殺したはずの暴力夫。謎めいた正体と過去の愛と罪を追う、著者新境地のサスペンスミステリー。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

都内のアパレルメーカーに勤務する鈴倉茉菜。茉菜は取引先に勤める穂高にしつこく言い寄られ悩んでいた。ある日、茉菜が帰宅しようとすると家の前で穂高に待ち伏せをされていた。茉菜の静止する声も聞かず、家の中に入ってこようとする穂高。その時、二人の前にある男が現れる。男は茉菜の夫を名乗り、穂高を追い返す。男はたしかに茉菜の夫・和希だった。しかし、茉菜が安堵することはなかった。なぜなら、和希はかつて茉菜が崖から突き落とし、間違いなく殺したはずで…。秘められた過去の愛と罪を追う、心をしめつける著者新境地のサスペンスミステリー!

著者情報(「BOOK」データベースより)

桜井美奈(サクライミナ)
2013年、第19回電撃小説大賞で大賞を受賞した『きじかくしの庭』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(34件)

総合評価
 3.76

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    なおゆき5354
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年06月21日

    とても面白かった!!読む価値はあります!!

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:文庫

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      沈黙のパレード
      沈黙のパレード

      東野 圭吾

      891円(税込)

    2. 2
      マスカレード・ナイト
      マスカレード・ナイト

      東野 圭吾

      979円(税込)

    3. 3
      狐色のマフラー
      狐色のマフラー

      赤川次郎

      704円(税込)

    4. 4
      こころの処方箋
      こころの処方箋

      河合 隼雄

      605円(税込)

    5. 5
      マスカレード・イブ
      マスカレード・イブ

      東野圭吾

      660円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ