[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > 犯罪
  • 喰うか喰われるか私の山口組体験[溝口敦]
  • 喰うか喰われるか私の山口組体験[溝口敦]
喰うか喰われるか私の山口組体験[溝口敦]
  • Googleプレビュー

喰うか喰われるか 私の山口組体験
溝口 敦

6位 犯罪部門 楽天ブックス週間ランキング(2021年11月22日-2021年11月28日)ランキングを見る

1,980(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年05月17日頃
  • 著者/編集:   溝口 敦
  • 出版社:   講談社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  322p
  • ISBN:  9784065221044

よく一緒に購入されている商品

  • 喰うか喰われるか私の山口組体験[溝口敦]
  • +
  • 闇の盾政界・警察・芸能界の守り神と呼ばれた男[寺尾文孝]
  • 喰うか喰われるか 私の山口組体験
  • 溝口 敦

1,980円(税込)

在庫あり

1,980円(税込)

在庫あり

合計 3,960円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

田岡時代から山一抗争、五代目体制発足、山竹戦争、宅見勝若頭暗殺、六代目クーデター、分裂抗争ーー暴力団取材の第一人者として大物ヤクザたちと対峙してきた著者がはじめて明かす生々しいやりとり。

渡辺芳則五代目や宅見勝五代目若頭との息詰まる攻防、一和会大幹部の常人離れの乱行、「女傑」山健秀子夫人、竹中武竹中組組長の侠気、中野太郎中野会会長が語ったこと……ここに山口組の「菱のカーテン」の内幕がすべて描かれる。

自らを刺傷され、編集部に暴漢が押し寄せ、息子までが狙われるーー三度の襲撃に見舞われながら、日本最大の組織暴力と真っ向立ち向かい続けた著者による、半世紀にわたった戦いの記録。

第一章「血と抗争」を出す 短命に終わった「月刊”TOWN”」
第二章 山一抗争 プロのライターへの船出
第三章『荒らぶる獅子 山口組四代目』 竹中兄弟の侠気
第四章「山健一代記」 渡辺芳則との食い違い
第五章『五代目山口組』刊行と襲撃事件 緊張の日々
第六章 もうひとつのFRIDAY襲撃事件 『民暴の帝王』でおちょくる
第七章 同病相憐れんだ伊丹十三 チャイナ・マフィアの根城に乗り込む
第八章 宅見勝暗殺事件 中野太郎との会話
第九章 渡辺芳則への嫌がらせ 『食肉の帝王』と『山口組経営学』
第十章 山健組は「事故体質」か 息子も刺された
第十一章 弘道会最高幹部との対決 『魔女の履歴書』
第十二章 山健組に実質勝訴 差し出された和解金
終 章 近づいた山口組の終焉 最期まで見届けるか

内容紹介(「BOOK」データベースより)

田岡時代から山一抗争、五代目体制発足、山竹戦争、宅見勝若頭暗殺、六代目クーデター、分裂抗争ー暴力団取材の第一人者として大物ヤクザたちと対峙してきた著者がはじめて明かす生々しい大物ヤクザたちの実像。渡辺芳則五代目や宅見勝五代目若頭との息詰まる攻防、一和会大幹部の常人離れの乱行、竹中武竹中組組長の度量、中野太郎中野会会長との会話…ここに山口組の「菱のカーテン」の内幕がすべて描かれる。

目次(「BOOK」データベースより)

『血と抗争』を出すー短命に終わった「月刊“TOWN”」/山一抗争ープロのライターへの船出/『荒らぶる獅子 山口組四代目』-竹中兄弟の〓気/「山健一代記」-渡辺芳則との食い違い/『五代目山口組』刊行と襲撃事件ー緊張の日々/もうひとつのFRIDAY襲撃事件ー『民暴の帝王』でおちょくる/同病相憐れんだ伊丹十三ーチャイナ・マフィアの根城に乗り込む/宅見勝暗殺事件ー中野太郎との会話/渡辺芳則への嫌がらせー『食肉の帝王』と『山口組経営学』山健組は「事故体質」かー息子も刺された/弘道会最高幹部との対決ー「細木数子 魔女の履歴書」/山健組に実質勝訴ー差し出された和解金/近づいた山口組の終焉ー最期まで見届けるか

著者情報(「BOOK」データベースより)

溝口敦(ミゾグチアツシ)
ノンフィクション作家。ジャーナリスト。1942年、東京都に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。出版社勤務を経て、フリーに。著書『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(7件)

総合評価
 4.0

ブックスのレビュー(1件)

  • 事実の重み
    S・Tちゃん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年07月16日

    溝口敦氏の著作は、かなり読んでいるが、書き続けて半世紀の本書は、その総決算と言ってもいい。ネタ元との信頼関係までが窺われ、単に興味本位でヤクザを取材してきた訳でない、筋の通ったジャーナリスト魂が伝わって来る。名著と評して差し支えあるまい。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年11月22日 - 2021年11月28日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第2094位(↑) > 社会:第129位(↑) > 犯罪:第6位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ