本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > エンタメ・ゲーム > その他
団地映画論居住空間イメージの戦後史[今井瞳良]
  • Googleプレビュー

団地映画論 居住空間イメージの戦後史
今井瞳良

4,400(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年03月
  • 著者/編集:   今井瞳良
  • 出版社:   水声社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  318p
  • ISBN:  9784801005518

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

団地から見渡す戦後映画史&住宅史。戦後の住宅難を受けて建設された“団地”は、日本人の新しい生活様式を象徴する憧れの的であったが、高度経済成長が下火となる1970年代にはその新奇性は早くも揺らぎ、80年代以降は社会発展の残滓・病理とみなされ、今やノスタルジアの象徴でもある。歴史の中で「新時代」「密室」「郊外」「不気味」「懐古」など千変万化のイメージをまとってきた団地は、映画においては覗きの標的、昼下りの情事の寝床、活動家の潜伏地、男の子たちの戦場、幽霊の住処…など、相貌を変えながらもやはり時代の息吹を指し示す存在としてあったーつねに同時代を代弁/批評してきた“団地映画”を解読し、「住むこと」の変遷を描き出す、はじめての本格的団地映画論!

目次(「BOOK」データベースより)

団地映画を問題化する/第1部 「憧れ」の団地(選ばれない団地/団地映画の家族たち/火を吹くゴジラと燃えない団地)/第2部 「団地妻」たちの団地(立ち上がる団地の母親たち/日活ロマンポルノに現れた「団地妻」)/第3部 団地映画と「日常」(団地とメディアと若松孝二/団地文学のアダプテーション)/第4部 団地映画の「成熟」(団地映画はノスタルジアの夢を見るか?/ホラーの舞台としての団地)

著者情報(「BOOK」データベースより)

今井瞳良(イマイツブラ)
1988年、愛知県に生まれる。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。博士(人間・環境学)。現在、茨木市立川端康成文学館学芸員。専攻、映画研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと6

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:エンタメ・ゲーム

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      月刊TVガイド 2021年 9月号 関東版
      電子書籍月刊TVガイド 2021年 9月号 関東版

      東京ニュース通信社

      450円(税込)

    2. 2
      TVガイド 2021年 7月30日号 関東版
      電子書籍TVガイド 2021年 7月30日号 関東版

      東京ニュース通信社

      430円(税込)

    3. 3
      TVガイド 2021年 7月23日号 関東版
      電子書籍TVガイド 2021年 7月23日号 関東版

      東京ニュース通信社

      440円(税込)

    4. 4
      おもしろ植物図鑑
      電子書籍おもしろ植物図鑑

      花福こざる

      300円(税込)

    5. 5
      ゼロから理解する 気象と天気のしくみ
      電子書籍ゼロから理解する 気象と天気のしくみ

      森田正光

      300円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ