[楽天スーパーSALE] 半額セール&条件達成でポイント最大4倍! 楽天ブックスセール会場はこちら
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 歴史 > 日本史

沖縄戦の子どもたち(526) (歴史文化ライブラリー)
川満 彰

1,870(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (全集・双書)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

もし、子どもの時に戦争があったらー
学童疎開・戦争孤児・鉄血勤皇隊・ひめゆり学徒隊…。

太平洋戦争末期の沖縄で、激しい地上戦に巻き込まれた
少年少女たち。少年兵・学徒隊や補助看護隊への動員、
学童疎開船・対馬丸の撃沈、「集団自決」など過酷な
戦禍に苛まれ、生き残った者も戦争孤児となるなど、
人生を大きく狂わされた。
大人の巻き添えにされた彼らの体験や視点を通して、
二度と戦争を起こさないために何ができるのかを考える。


[主な目次]

もし、子どもの時に戦争があったらープロローグ

子どもの教育 兵士となるために
日本人になるためにー同化教育・皇民化教育の始まり
御真影と教育勅語
学校で教えられた戦争
小国民の思い出ー勝ちぬくために

兵士となった少年少女
戦場への流れ
戦場へ
やんばるの少年兵・護郷隊
防衛隊・義勇隊・挺身隊などに編成された少年少女

戦場で生き残った子ども
学童疎開の子ども
「集団自決」の子ども
戦場の子ども

戦禍のなかの教員と御真影 皇民化教育の末路
御真影の取り扱い
御真影奉護隊の結成
すべての御真影をやんばるへ
山中をさまよった御真影
戦場に立たされた教員

戦争孤児の戦後
戦争孤児対応の実態
証言からみた戦争孤児の戦後

混在化する国家主義と国民主権ーエピローグ

内容紹介(「BOOK」データベースより)

太平洋戦争末期の沖縄。少年兵・学徒隊への動員、学童疎開、「集団自決」、戦争孤児など激しい戦禍に遭った少年少女たちがいた。彼らの体験や視点を通して、二度と戦争を起こさないために何ができるのかを考える。

目次(「BOOK」データベースより)

もし、子どもの時に戦争があったらープロローグ/子どもの教育ー兵士となるために/兵士となった少年少女/戦場で生き残った子ども/戦禍のなかの教員と御真影ー皇民化教育の末路/戦争孤児の戦後/混在化する国家主義と国民主権ーエピローグ

著者情報(「BOOK」データベースより)

川満彰(カワミツアキラ)
1960年、沖縄県コザ市に生まれる。2006年、沖縄大学大学院沖縄・東アジア地域研究専攻修了。現在、名護市教育委員会文化課市史編さん係会計年度任用職員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと22

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ