楽天Kobo電子書籍初めての方限定!条件達成で500ポイント
現在地
トップ >  > その他
  • 「寄り添い型研究」による地域価値の向上[井尻昭夫]
  • 「寄り添い型研究」による地域価値の向上[井尻昭夫]
  • 「寄り添い型研究」による地域価値の向上[井尻昭夫]
  • Googleプレビュー

「寄り添い型研究」による地域価値の向上
井尻昭夫

3,080(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

地方創生に大学がはたす役割とは何か。岡山商科大学の社会科学の英知を結集し、「寄り添い型研究」という新しいスタイルで地域価値の向上に取組んだ「文部科学省私立大学研究ブランディング事業」の報告である。
第1章 平成29 年度 文部科学省 私立大学研究ブランディング事業「『寄り添い型研究』による地域価値の向上」2017 〜 2019 年度の3年間の研究経緯について
第2章 寄り添い型研究の意義と課題
第3章 食の安全と法
第4章 近代岡山県における醤油業の展開
第5章 岡山県における野生鳥獣被害とジビエ利活用ー美作市を事例としてー
第6章 岡山県における空き家再生に向けた取り組み
第7章 観光サインの多言語化における語用論的誤り
第8章 高齢者の雇用ミスマッチに対する地域の対応ー瀬戸内市の生涯現役推進に向けた取組みー
第9章 地域内の経済循環の分析・考察ー地域経済におけるものづくりの基盤となる組織能力を構成する小集団改善活動の有効性ー
第10章 地域特性のモデル化手法に関する研究
第11章 ノンサーベイ法による地域間産業連関表の作成と活用ー岡山県における農業振興を事例としてー
第12章 農業経営における流通重視への取組みー兼業農家を対象としてー
第13章 高校生の金融リテラシー教育と岡山商科大学: 課題と展望
第14章 地理学からみた経営系大学における地域連携の意義ー岡山県真庭市におけるブランディング事業を事例としてー

目次(「BOOK」データベースより)

平成29年度文部科学省私立大学研究ブランディング事業「『寄り添い型研究』による地域価値の向上」2017〜2019年度の3年間の研究経緯について/「寄り添い型研究」の意義と課題/食の安全と法/近代岡山県における醤油業の展開/岡山県における野生鳥獣被害とジビエ利活用ー美作市を事例として/岡山県における空き家再生に向けた取組み/観光サインの多言語化における語用論的誤り/高齢者の雇用ミスマッチに対する地域の対応ー瀬戸内市の生涯現役推進に向けた取組み/地域内の経済循環の分析・考察ー地域経済におけるものづくりの基盤となる組織能力を構成する小集団改善活動の有効性/地域特性のモデル化手法に関する研究/ノンサーベイ法による地域間産業連関表の作成と活用ー岡山県における農業振興を事例として/農業経営における流通重視への取組みー兼業農家を対象として/高校生の金融リテラシー教育と岡山商科大学:課題と展望

著者情報(「BOOK」データベースより)

井尻昭夫(イジリアキオ)
岡山商科大学学長。1974年神戸大学大学院経営学研究科満期退学、1991年経営学博士(神戸大学)。神戸学院大学を経て、1988年岡山商科大学教授、1995年より学長を務める

大〓紘一(オオサキヒロカズ)
岡山商科大学副学長。1966年岡山大学大学院理学研究科修了、工学博士。岡山大学を経て、2006年岡山商科大学教授、2007年より副学長を務める

三好宏(ミヨシヒロシ)
岡山商科大学経営学部教授。2000年神戸大学大学院経営学研究科修了、博士(商学)。福山平成大学を経て、2012年岡山商科大学教授、2016年より経営学部商学科長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:本

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ