夏の文庫フェア
現在地
トップ >  > ホビー・スポーツ・美術 > 美術 > その他
  • 絵がふつうに上手くなる本はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣[よー清水]
  • 絵がふつうに上手くなる本はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣[よー清水]
  • 絵がふつうに上手くなる本はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣[よー清水]
  • 絵がふつうに上手くなる本はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣[よー清水]
  • 絵がふつうに上手くなる本はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣[よー清水]
  • 絵がふつうに上手くなる本はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣[よー清水]
絵がふつうに上手くなる本はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣[よー清水]
  • Googleプレビュー

絵がふつうに上手くなる本 はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣
よー清水

1,760(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年05月25日頃
  • 著者/編集:   よー清水
  • 出版社:   SBクリエイティブ
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  376p
  • ISBN:  9784815601799

よく一緒に購入されている商品

  • 絵がふつうに上手くなる本はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣[よー清水]
  • +
  • うまく描くの禁止ツラくないイラスト上達法[さいとうなおき]
  • 絵がふつうに上手くなる本 はじめの一歩×上手い絵の技術×安定して稼ぐ秘訣
  • よー清水

1,760円(税込)

在庫あり

1,760円(税込)

在庫あり

合計 3,520円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

【みんなが知りたい「ふつう」を深掘りします】
絵が上手い人や絵を仕事にしている人が「よく見て描いています」「絵で稼いでいます」などと一言で流してしまう、絵描きにとっての「ふつう」のこと。 これまで語られなかった、みんなが一番知りたい「ふつう」の部分を徹底的に解説します!

ゲーム、アニメ、書籍の挿絵、グッズイラストなど多彩なジャンルで活躍するイラストレーター・よー清水が「絵が上手くなるにはどうしたらよいか」という表題の話題を中心に、「絵を描き始めたい人の疑問」や「絵を仕事にしたい人の疑問」などあらゆるレベルの悩みに答えます。
縦書きで手に取りやすいコンパクトサイズのイラスト技法書です。豊富な作例や挿絵を見ながらすらすらと読み進めることができます!


●絵のあらゆる疑問に答えます!

「絵を描き始めたい」(第1、2章)
ゲームやアニメやイラストを見て感動し、自分も絵を描けるようになりたいと思ったことはないでしょうか。でも絵を描いたことがないので、何をしたらよいかわからない、どんな道具をそろえたらいいの? という人に向けて、最初のステップを提案します。

「絵が上手くなりたい」(第3〜8章)
「観察します。」「自分が伝えたいことを描きます。」など、絵が上手い人にとっては当たり前で、なかなか言語化されなかったテーマに着目し、絵の上達に悩んでいる人に向けた解決策を紹介します。
そもそも観察とはどうやるのか? 自分が伝えたいことをどうやって絵にするのか? 立体、デッサン、資料の見方、著作権、テーマの生成、構図、パース、ライティングなどの根本について、絵が上手い人が無意識レベルで「ふつう」にやってることを言語化し、具体例を交えてたっぷり約200ページにまとめました。絵が上手い人の「ふつう」を理解すれば、ふつうに上手くなれます。

「絵を仕事にしたい」(第9、10章)
絵の仕事がしたいという人が最初に悩む「進路」や「就職」の話から、フリーランスとして仕事を得るための営業、自己ブランディングの話を軸に、絵で安定的に稼いでる人はどのようにして仕事を得ているか? 仕事に必要なのは絵の技術だけか? といった疑問を現役で活躍している著者の具体例を交えつつざっくばらんに解説します。
第1部 絵を描き始めたい
第1章 グリッド模写で絵を描く楽しさを知ろう
第2章 デジタルの色塗りを試してみよう

第2部 絵が上手くなりたい
第3章 上手い絵とは何か
第4章 単純観察と分割観察 - 立体が表現できている絵(1)
第5章 資料の見方 - 立体が表現できている絵(2)
第6章 共感の作り方 - 伝えたいことが伝わる絵(1)
第7章 構図の決め方 - 伝えたいことが伝わる絵(2)
第8章 光を感じる絵

第3部 絵を仕事にしたい
第9章 イラストレーターになるまでに考えたいこと
第10章 フリーランスのイラストレータとして生きる

内容紹介(「BOOK」データベースより)

みんなが知りたい「ふつう」を教えます。絵が上手い人や絵を仕事にしている人が「よく見て描いています」「絵で稼いでいます」などと一言で流してしまう、絵描きにとっての「ふつう」のこと。これまで語られなかった、みんなが一番知りたい「ふつう」の部分を徹底的に解説します!

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 絵を描き始めたい(グリッド模写で絵を描く楽しさを知ろう/デジタルの色塗りを試してみよう)/第2部 絵が上手くなりたい(上手い絵とは何か/単純観察と分割観察ー立体が表現できている絵1/資料の見方ー立体が表現できている絵2/共感の作り方ー伝えたいことが伝わる絵1/構図の決め方ー伝えたいことが伝わる絵2/光を感じる絵)/第3部 絵を仕事にしたい(イラストレーターになるまでに考えたいこと/フリーランスのイラストレーターとして生きる)

著者情報(「BOOK」データベースより)

よー清水(ヨーシミズ)
コンセプトアーティスト、イラストレーター、デザイナー。ゲーム、アニメを中心にエンターテインメント作品のコンセプトアーティストとして活躍。近年では、広告、漫画、技法書、クリエイティブソフトの開発など、あらゆるメディアへ活動の場を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(10件)

総合評価
 3.9

ブックスのレビュー(3件)

  • プロのイラストレーターの頭の中を覗ける本
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年12月02日

    読んだ感想ですが、長文になります。
    この本はキャラクターの顔や体、色塗りなどのノウハウ本ではなく、イラストを描くことに対して理論的に解説してあるレクチャー本と言えるかと思います。プロや上手い人が[ふつう]に自然にやっていることで、これまでにあまり解説されてこなかったようなことが主に書かれています。
    プロのイラストレーターの方がどんなふうに描いているのか、どんな感じなのかが気になっていたのですごく勉強になりました。
    今はYou Tubeやネットでこうしてこうやって…と手順を学べ、上手い人のいろんなノウハウを学ぶことはできるかと思いますが、この本のようにプロ目線での考えや経験が詰まった本というのはなかなかないのではないでしょうか。
    ただ漠然と絵を描くという段階から一歩踏み込んで、理論的に考えることができそうです。
    理論なんてどうでもいい、ただただ上手くなりたいと思っているだけの人には物足りないと思いますので、別のノウハウ本をおすすめします。文章量もそこそこあり、読む人を選ぶ本かと思いますが、読みやすかったです。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    さんご0523
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2021年12月01日

    良くも悪くも自己啓発本のような内容。
    技術を求めて買うのもではなかったです。

    1人が参考になったと回答

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年06月15日

    初心者からプロまで幅広い人が対象とのことで、購入しました。
    期待しています。

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ