本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > 社会学

関係人口の社会学 人口減少時代の地域再生
田中輝美

3,520(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2021年04月26日頃
  • 著者/編集:   田中輝美(著)
  • 出版社:   大阪大学出版会
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  386p
  • ISBN:  9784872597295

商品説明

内容紹介(出版社より)

住む人が減ったら、地域は再生できないのか?

『関係人口をつくる』の著者が、関係人口を社会学の見地から定義し、その役割を論じた本邦初の「関係人口の研究書」!
各地の事例と新たな理論の枠組みによって関係人口を位置づけ直し、人口減少時代の地域再生の方向性を示す。

「関係人口」とは、「定住人口」(移住)でもなく、「交流人口」(観光)でもない特定の地域に様々なかたちで関わる人々を指す語で、深刻な人口減少が進む地域社会の課題を解決するための新たな地域外の主体として近年脚光を浴びている。本書では、関係人口という新たな主体の存在と、関係人口が地域の再生に果たす役割を明らかにすることで、これからの人口減少時代における地域再生の在り方と、再生に向けた具体的な方法論を示す。新型コロナウイルスの影響を踏まえて今後の地域と関係人口を検討する補論も付しており、地域行政や地域づくりに関わる人必携の書となっている。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

『関係人口をつくる』の著者が、関係人口を社会学の見地から定義し、その役割を論じた本邦初の「関係人口の研究書」!事例と新たな理論の枠組みによって関係人口を位置づけ直し、人口減少時代の地域再生の方向性を示す。

目次(「BOOK」データベースより)

かつてない“危機”の中で/第1部 関係人口とは何か(誕生前史ー地域社会の変容/関係人口の概念規定/関係人口の分析視角)/第2部 関係人口の群像(廃校寸前から魅力ある高校へー島根県海士町/シャッター通り商店街が蘇ったー島根県江津市/消滅する集落で安心して暮らすー香川県まんのう町)/第3部 関係人口と地域再生(地域再生主体の形成/関係人口が果たす役割/目指すべきものは何か)/補論 新型コロナウイルスと関係人口

著者情報(「BOOK」データベースより)

田中輝美(タナカテルミ)
島根県浜田市生まれ。大阪大学文学部卒。1999年、山陰中央新報社に入社し、琉球新報社との合同企画「環りの海ー竹島と尖閣」で2013年新聞協会賞を受賞。2014年秋、同社を退職し、フリーのローカルジャーナリストとして、変わらず島根に暮らしながら、地域のニュースを記録している。2018年度総務省ふるさとづくり大賞奨励賞受賞。2020年、大阪大学大学院人間科学研究科後期課程修了。博士(人間科学)。2021年4月、島根県立大学地域政策学部准教授に着任。また、過疎の発祥地から「過疎は終わった!」と問い、百年続けることを掲げる年刊誌『みんなでつくる中国山地』プロジェクトも仲間と始めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(7件)

総合評価
 4.50

ブックスのレビュー(2件)

  • (無題)
    やまち1112
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年06月26日

    地方での暮らしの場で私たち住民が感じる心地良さや歯がゆさが言葉として記されており、何度も深く頷きながら拝読させていただきました。特に海士町のお話にある「まずは自分が変わる」「信頼関係をつくる」の2点は、地域で活動しているとつい忘れがちになってしまいますが本当に大切なことで、本書を読み久しぶりに心に刻み直すことができました。特にメインフィールドとなっている島根で暮らす人たちに手に取って読んでほしいです。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    jpwkj
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年05月14日

    著者の個人的な興味を含めて“問題意識”が起こる理由というような事、または着目してみたい事が提示され、事案が整理されて行って、それに基づいて観察や分析を試みた幾つかの事例、事例の観察を通じて類型を設定する等の「課題や着目点の一般化」を試みるというような、「解り易い流れ」が確りと存在している。だから「読み易い」というような仕上がりだと思った。「なるほど…そういうことか…」とドンドンと頁を繰ることが出来る。または頁を繰る手が停め悪くなる訳である。
    結局のところ、「<定住人口>が簡単に増えるのでもない。寧ろ減る方向…」という状況下、本書で<関係人口>を論じる事例とした各地域に在っても、<定住人口>は別段に増えた訳でも何でもない。「<定住人口>が簡単に増えるのでもない。寧ろ減る方向…」という状況下、数で明示される「人口」という「量」でもなく、抽象的な表現かもしれないが「地域の人達がより心豊かに、地域の主役を自認して暮らす地域へ」という「質」が「追い求められるべき何か…」というのが本書の論旨でもあると思う。
    「学位論文を基礎にして書籍として整理」という“生い立ち”の本書だが、「素人」は知らない、解らないというような何事かを細々と論じているのでもない。「素人」という以上でも以下でもない「とある街で各々の人生を生きている人達」の、「或る街での暮らしの在り方が如何なる?如何する?」という論が本書なのだ。広く御薦めしたい。否、御薦め「しなければならない」とも思った。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと5

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      くもんの夏休みドリル小学1年生
      くもんの夏休みドリル小学1年生

      660円(税込)

    2. 2
      運を支配する
      運を支配する

      桜井章一

      880円(税込)

    3. 3
      真・日本の歴史
      真・日本の歴史

      井沢 元彦

      1,980円(税込)

    4. 4
      くもんの夏休みドリル小学2年生
      くもんの夏休みドリル小学2年生

      660円(税込)

    5. 5
      (新装版)京都 ものがたりの道
      (新装版)京都 ものがたりの道

      彬子女王

      1,430円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ