本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > ビジネス・経済・就職 > 経営 > 経営戦略・管理

法人税の租税実務のための判断基準
苅米裕

3,300(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2021年06月05日頃
  • 著者/編集:   苅米裕(著)
  • 出版社:   税務研究会出版局
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  332p
  • ISBN:  9784793126123

商品説明

内容紹介(出版社より)

45の公表採決事例から「役員給与」「減価償却」「寄附金課税等」に係る争点を収録!

本書は、税理士事務所から関東信越国税不服審判所の国税審判官を経て、現在、税理士業務に当たる著者がその経験をもとに、45事例の公表裁決事例をピックアップして審判所の判断思考などを検討・紹介することを目的としたものです。
審査請求関連は、「課税庁とは争いたくない」という思考から、目をそらしたくなる分野ですが、審判所の判断思考や判断基準は、争訟の判断過程から収集できるものです。
本書では、法人税から「役員給与」、「減価償却」及び「寄附金等」を選定しそれぞれの事例を「1 事案の概要」「2 主要事実と法令解釈等への適合」「3 事実認定による考察」に区分し、規則性を持った構成にして、読みやすいものにするよう心がけました。
租税実務の判断基準において納税者がイニシアチブをとるための考え方の一助となる事を目指した本書をご活用ください。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「役員給与」「減価償却」「寄附金課税等」に係る争点。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 裁決書の構成と判断構造等/第1章 役員給与に関する判断基準(役員の範囲/役員報酬/役員報酬の改定その他)/第2章 減価償却に関する判断基準(減価償却資産の定義と事業の用に供した時期/減価償却資産の範囲/減価償却資産の取得価額/原価償却資産の耐用年数等/償却費として損金経理をした金額)/第3章 寄附金等に関する判断基準(寄附金等の範囲/金銭、経済的利益の無償供与/国外関連者に対する寄付金と認定された裁決/減価償却資産の事例の考察)/終章 裁決事例の活用について

著者情報(「BOOK」データベースより)

苅米裕(カリゴメユタカ)
税理士事務所に勤務し、関東信越国税不服審判所(国税審判官)等を経て、現在、苅米裕税理士事務所所長及び企業の社外監査役。税理士会において、東京税理士会芝支部副支部長、東京税理士会理事等を経て、現在、東京税理士会会員相談室相談委員、東京税理士会支部会員研修講師、東京税理士会調査研究部委員、東京税理士会芝支部相談役。「法人税法上の非営利型法人の留保所得に対する収益事業課税の一考察」で公益財団法人租税資料館第27回租税資料館賞(論文の部)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと5

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ