本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > 美容・暮らし・健康・料理
最高の死に方(宝島社新書)[近藤誠]
最高の死に方(宝島社新書)[近藤誠] 最高の死に方(宝島社新書)[近藤誠]
  • Googleプレビュー

最高の死に方 (宝島社新書)
近藤 誠

880(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年06月10日頃
  • 著者/編集:   近藤 誠
  • レーベル:   宝島社新書
  • 出版社:   宝島社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  240p
  • ISBN:  9784299017635
  • 注記:  『最高の死に方と最悪の死に方』増補・改訂・改題書

商品説明

内容紹介(出版社より)

誰もが穏やかな最期を望んでいるはずなのに、不本意な死を遂げる人があまりにも多すぎるーー。

日本の病院で実施されている事実上の安楽死、鎮静(セデーション)の実態とは?
強引な延命治療や過剰投薬の果てに何が起きるのか?
孤独死は果たして“残念な死に方”なのか?

現代のがん治療や過剰医療に警鐘を鳴らし続けてきた医師・近藤誠が、知られざる死の現場に光をあてながら、日本の終末医療の現状を分析、「最高の死に方」について考える。

2021年3月に実現した、『大往生したけりゃ医療とかかわるな』中村仁一さんとの特別対談も収録!

人生の最期で後悔する人が多すぎる!

〇栄養補給で延命させる病院に「自然死」はない
〇心停止、脳卒中での「孤独死」がもっとも理想的
〇昔の「老衰死」の多くは、がん放置だった
〇老人ホームで不要な薬を処方され「ボケ症状」
〇緩和ケア病棟で行われる“安楽死”の真実
〇がんを治療するから「苦痛死」の地獄をみる

※単行本『最高の死に方と最悪の死に方』(2018年)の増補・改訂版です

内容紹介(「BOOK」データベースより)

誰もが穏やかな最期を望んでいるはずなのに、不本意な死を遂げる人があまりにも多すぎるー。日本の病院で実施されている事実上の安楽死、鎮静(セデーション)の実態とは?強引な延命治療や過剰投薬の果てに何が起きるのか?孤独死は果たして“残念な死に方”なのか?現代のがん治療や過剰医療に警鐘を鳴らし続けてきた医師・近藤誠が、知られざる死の現場に光を当てながら、日本の終末期医療の現状を分析、「最高の死に方」について考える。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 「安楽死で死にたい」という願い/第2章 日本で実施されている“安楽死”/第3章 延命治療で失われる「尊厳」/第4章 医療から遠ざかるという選択/第5章 いまの時代のさまざまな死に方/第6章 がん治療は「苦痛死」を引き寄せる/第7章 不要なクスリはボケ、早死にのもと/第8章 ぼくにとって最高の死に方/特別対談 中村仁一×近藤誠/特別収録 リビングウィル

著者情報(「BOOK」データベースより)

近藤誠(コンドウマコト)
1948年、東京都生まれ。「近藤誠がん研究所」所長。73年、慶應義塾大学医学部卒業。76年、同医学部放射線科に入局。83〜2014年、同医学部講師。12年、「乳房温存療法のパイオニアとして抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性などの啓蒙を続けてきた功績」により第60回菊池寛賞を受賞。13年、東京・渋谷に「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」を開設し、8年間で1万組の相談に応えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年10月11日 - 2021年10月17日)

     :第-位( - ) > 新書:第768位(↑) > 美容・暮らし・健康・料理:第128位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ