本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 社会 > その他
なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか[門田隆将]
  • Googleプレビュー

なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか
門田隆将

1,650(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年06月23日頃
  • 著者/編集:   門田隆将竹田恒泰
  • 出版社:   ビジネス社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  264p
  • ISBN:  9784828422916

よく一緒に購入されている商品

  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか[門田隆将]
  • +
  • 新・階級闘争論-暴走するメディア・SNS-[門田隆将]
  • なぜ女系天皇で日本が滅ぶのか
  • 門田隆将

1,650円(税込)

在庫あり

990円(税込)

在庫あり

合計 2,640円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

リベラル勢力の「悠仁親王廃嫡論」。
その策略とは?
皇位継承問題への疑問を、この1冊ですべて解消!

“旧皇族の憲法学者”と
“反皇室勢力に詳しい論客”が激論20時間


ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
本書の構成は各章問題提起から始まり、討論に進む。

男女平等という現代的価値観ではなくなぜ「男系」が重要なのかを、
天皇と国民を結ぶ三つの縁、「治縁」「心縁」「血縁」から紐解く(第一章)。
その男系を維持するためのベストな案として巷間に流布している「復帰案」よりも
ずっとハードルが低い「養子案」を提言(第二章)。
しかしそれを潰したのが「天皇が女系のご意思」とデマを流した漆間巌官房副長官と
「保守派」の学者たちだったという意外な事実も明らかになる(第三章)。

女系に賛成しだした共産党の深謀遠慮(第四章)、
「正義感」から伝統否定に動く官僚機構と「ふわっとした民意」の暴走(第五章)、
「八月革命説」に呪縛され続ける東大法学部(第六章)など
危険な「敵」が幾層にもわたって日本に巣食っている惨状を示す。

また、敗戦時に孤独な決断を下した昭和天皇(第七章)や
「三皇族派遣」といった終戦秘話(第八章)も紹介している。
報じられない天皇陛下の日常や宮中祭祀の過酷さを知れば
おのずと頭が下がるだろう(第九章)。

エピローグでは反皇室との戦いの最前線である「皇女制度」に警鐘を鳴らす。
半世紀を見据えたこの闘争に勝つためには若い世代の教育こそが要であり、
そのために竹田氏は「レベルの高い新しい歴史教科書」をつくっているという。
皇位継承問題への疑問をすべて解消し、
日本人一人ひとりの問題であることに気づかせてくれる1冊。
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


第一章◎なぜ男系が重要なのか
【問題提起】天皇と国民を結ぶ三つの「縁」

第二章◎「養子案」こそベスト
【問題提起】旧皇族「復帰案」と「養子案」

第三章◎まぼろしとなった「養子案」
【問題提起】天皇を政治利用する人たち

第四章◎女系天皇で皇統断絶をもくろむ勢力
【問題提起】天皇制打倒に燃える共産党の執念

第五章◎もっと恐ろしい敵がいる
【問題提起】戦後日本の病理

第六章◎「八月革命説」というフィクション
【問題提起】皇統軽視の元凶は東大法学部

第七章◎マッカーサー元帥は天皇に敬服した
【問題提起】昭和天皇の孤独な戦い

第八章◎天皇の大御心とは何か
【問題提起】「三皇族派遣」という終戦秘話

第九章◎天皇の祈りと祭祀
【問題提起】三種の神器で結ばれた伝統

エピローグ◎本当に怖い皇女制度

内容紹介(「BOOK」データベースより)

リベラル勢力の「悠仁親王廃嫡論」。その策略とは?“旧皇族の憲法学者”と“反皇室勢力に詳しい論客”が激論20時間。皇位継承問題への疑問を、この1冊ですべて解消!

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 なぜ男系が重要なのかー問題提起 天皇と国民を結ぶ三つの「縁」/第2章 「養子案」こそベストー問題提起 旧皇族「復帰案」と「養子案」/第3章 まぼろしとなった「養子案」-問題提起 天皇を政治利用する人たち/第4章 女系天皇で皇統断絶をもくろむ勢力ー問題提起 天皇制打倒に燃える共産党の執念/第5章 もっと恐ろしい敵がいるー問題提起 戦後日本の病理/第6章 「八月革命説」というフィクションー問題提起 皇室軽視の元凶は東大法学部/第7章 マッカーサー元帥は天皇に敬服したー問題提起 昭和天皇の孤独な戦い/第8章 天皇の大御心とは何かー問題提起 「三皇族派遣」という終戦秘話/第9章 天皇の祈りと祭祀ー問題提起 三種の神器で結ばれた伝統/エピローグ 本当に怖い皇女制度

著者情報(「BOOK」データベースより)

門田隆将(カドタリュウショウ)
作家、ジャーナリスト。昭和33年(1958)高知県生まれ。中央大学法学部卒業後、新潮社に入社。『週刊新潮』編集部に配属、記者、デスク、次長、副部長を経て、平成20年(2008)4月に独立。『この命、義に捧ぐー台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞

竹田恒泰(タケダツネヤス)
作家。昭和50年(1975)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学・史学。『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞受賞。令和3年(2021)、第21回正論新風賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(3件)

総合評価
 3.67

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年09月13日 - 2021年09月19日)

     :第4390位(↓) > 人文・思想・社会:第928位(↓) > 社会:第76位(↓) > その他:第14位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ