秋のレシピ本フェア2021
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 哲学・思想 > その他
交わらないリズム出会いとすれ違いの現象学[村上靖彦]
  • Googleプレビュー

交わらないリズム 出会いとすれ違いの現象学
村上靖彦

2,640(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年06月25日頃
  • 著者/編集:   村上靖彦
  • 出版社:   青土社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  304p
  • ISBN:  9784791773909

商品説明

内容紹介(出版社より)

現象学者がケアの現場で聞いた人々の声と哲学の問いとの交差点ーー。
看取りに「だんだん」向かう患者の衰弱、無目的に存在が肯定される大阪・西成の子どもたちの居場所、芥川龍之介「藪の中」に描き出される身体の余白、「まだあったかい」母親の遺体に触れる3人の娘。長年、医療・福祉の現場で人の語りに耳を傾け続けてきた現象学者が人間のうつろいゆく生を素描する、鮮やかな生のポリリズム。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

グループ・居場所・孤独。長年、医療・福祉の現場で人の語りに耳を傾け続けてきた現象学者が人間のうつろいゆく生を素描する、鮮やかな生のポリリズム。

目次(「BOOK」データベースより)

第1部 ポリリズムとしての人間(中井久夫と生活のポリリズム/木村敏と音楽ー対人のポリリズム/居場所とリズムのゆるみ)/第2部 身体の余白と出会いのタイミング(ポリリズムを生む身体の余白ー芥川龍之介「藪の中」/リズムが組みかわるタイミングについてーある精神科病棟でのバンド・セッション/変化の触媒としての支援者)/第3部 メロディーについて(『うたのはじまり』/歌によって人とつながるールソー、メロディーとしての人間/独りになるための歌ージャン・ジュネ)/第4部 ポリリズムの哲学(現象学をベルクソン化するー現象学的な質的研究(PQR)の方法/カオスからリズムが生まれるーマルディネとリズムの存在論)

著者情報(「BOOK」データベースより)

村上靖彦(ムラカミヤスヒコ)
1970年生まれ。基礎精神病理学・精神分析学博士(パリ第七大学)。現在、大阪大学大学院人間科学研究科教授。専門は現象学的な質的研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(1件)

総合評価
 

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

メーカー取り寄せ

通常6〜16日程度で発送

商品確保が難しい場合、3週間程度でキャンセルとなる可能性があります。

取り寄せに関して

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      収容所から来た遺書
      収容所から来た遺書

      辺見 じゅん

      682円(税込)

    2. 2
      「90秒スタディ」ですぐわかる! 日本史速習講義
      「90秒スタディ」ですぐわかる! 日本史…

      伊藤 賀一

      1,650円(税込)

    3. 3
      日本共産党の正体
      日本共産党の正体

      福冨 健一

      880円(税込)

    4. 4
      【バーゲン本】たのしくあそぼ!スマホえほん
      【バーゲン本】たのしくあそぼ!スマホえ…

      だいすき♪音えほん

      1,017円(税込)

    5. 5
      亡国の危機
      亡国の危機

      櫻井 よしこ

      1,870円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ