本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他
真説日本左翼史戦後左派の源流1945-1960(講談社現代新書)[池上彰]
  • Googleプレビュー

真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960 (講談社現代新書)
池上 彰

990(税込)送料無料

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 真説日本左翼史戦後左派の源流1945-1960(講談社現代新書)[池上彰]
  • +
  • 下剋上(講談社現代新書)[黒田基樹]
  • 真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960 (講談社現代新書)
  • 池上 彰

990円(税込)

在庫あり

968円(税込)

在庫あり

合計 1,958円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

日本の左翼は何を達成し、なぜ失敗したのか?

ーー忘れられた近現代史をたどり、
未来の分岐点に求められる「左翼の思考」を検証する
壮大なプロジェクト。

深刻化する貧困と格差、
忍び寄る戦争の危機、
アメリカで叫ばれる社会主義(ソーシャリズム)。
これらはすべて、【左翼の論点】そのものである!
激怒の時代を生き抜くために、
今こそ「左の教養」を再検討するべき時が来たーー。

◇◇◇◇◇

戦後復興期に、共産党や社会党が国民に支持された時代があったことは、
今や忘れられようとしている。
学生運動や過激化する新左翼の内ゲバは、
左翼の危険性を歴史に刻印した。
そしてソ連崩壊後、左翼の思考そのものが歴史の遺物として
葬り去られようとしている。

しかし、これだけ格差が深刻化している今、
必ず左翼が論じてきた問題が再浮上してくる。
今こそ、日本近現代史から忘れられた「左翼史」を
検証しなければならない。

「日本の近現代史を通じて登場した様々な左翼政党やそれに関わった人たちの行い、思想について整理する作業を誰かがやっておかなければ日本の左翼の実像が後世に正確な形で伝わらなくなってしまう。私や池上さんは、その作業を行うことができる最後の世代だと思います。」(佐藤優)


【本書の目次】
序章  「左翼史」を学ぶ意義
第1章 戦後左派の巨人たち(1945〜1946年)
第2章 左派の躍進を支持した占領統治下の日本(1946〜1950年) 
第3章 社会党の拡大・分裂と「スターリン批判」の衝撃(1951〜1959年)
第4章 「新左翼」誕生への道程(1960年〜)

【本書の構成】

◇日本共産党の本質は今も「革命政党」
◇社会党栄光と凋落の背景
◇アメリカで社会主義が支持を集める理由
◇野坂参三「愛される共産党」の意図
◇宮本顕治はなぜ非転向を貫けたか
◇テロが歴史を変えた「風流夢譚事件」
◇労農派・向坂逸郎の抵抗の方法論
◇「共産党的弁証法」という欺瞞
◇労働歌と軍歌の奇妙な共通点
◇共産党の分裂を招いた「所感派」と「国際派」
◇毛沢東を模倣した「山村工作隊」
◇知識人を驚愕させた「スターリン批判」
◇天才兄弟と称された上田耕一郎と不破哲三
◇黒田寛一と「人間革命」の共通点
◇現在の社民党は「右翼社民」
……ほか

序章  「左翼史」を学ぶ意義
第一章  戦後左派の巨人たち(1945〜1946年)
第二章  左派の躍進を支持した占領統治下の日本(1946〜1950年)
第三章  社会党の拡大・分裂と「スターリン批判」の衝撃(1951〜1959年)
第四章  「新左翼」誕生への道程(1960年〜)

内容紹介(「BOOK」データベースより)

戦後左派の巨人たち、武装闘争の幕開け、野党の躍進と五五年体制。「左翼」は何を達成し、なぜ失敗したのか。忘れられた近現代史を検証する。

目次(「BOOK」データベースより)

序章 「左翼史」を学ぶ意義(議論の準備1 左翼とは何か?/議論の準備2 共産党とは?社会党とは?)/第1章 戦後左派の巨人たち(一九四五〜一九四六年)(GHQによる「非軍事化」と「民主化」/アメリカを「解放軍」とみなした共産党 ほか)/第2章 左派の躍進を支持した占領統治下の日本(一九四六〜一九五〇年)(「逆コース」の時代/「寄り合い所帯」としての社会党 ほか)/第3章 社会党の拡大・分裂と「スターリン批判」の衝撃(一九五一〜一九五九年)(社会党の国家観が反映された「平和四原則」/「血のメーデー事件」と朝鮮ビューローの謎 ほか)/第4章 「新左翼」誕生への道程(一九六〇年〜)(社会党はなぜ安保反対運動を起こしたのか/新左翼を育てた「社会党の傘」 ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

池上彰(イケガミアキラ)
1950年、長野県松本市生まれ。ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業後、1973年にNHK入局。報道記者として、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などを担当する。1989年、記者キャスターに起用され、1994年からは11年にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役として活躍。2005年よりフリーになり、執筆活動を続けながら、テレビ番組などでニュースをわかりやすく解説し、幅広い人気を得ている。また、9つの大学で教鞭をとる

佐藤優(サトウマサル)
1960年、東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本国大使館勤務などを経て、本省国際情報局分析第一課に配属。主任分析官として対ロシア外交の分野で活躍した。2005年に著した『国家の罠ー外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮文庫)で鮮烈なデビューを飾り、翌2006年の『自壊する帝国』で大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞を受賞。2020年、菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(12件)

総合評価
 4.27

ブックスのレビュー(1件)

  • 池上さんは「名前貸し」の役割…
    NECOママ
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年08月27日

    佐藤優さんと池上彰さんの対談本、という形の本ですが、実質的には、「佐藤さんに強い課題認識やメッセージがあって、それを池上さんに語っている」、「池上さんは、相づち、同意をする役回り」の本です…。佐藤さんに「俺が『正しいことを伝える』、『知らないみんなを啓蒙する』」というテイストが強い部分があり、それが鼻につく面はありますが、総選挙が近づき、立憲民主党と共産党が連携する状況において、その意味を考える上で、とても参考になる本ではないか、と思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年09月13日 - 2021年09月19日)

     :第2375位(↑) > 新書:第80位(↑) > その他:第25位(↑)

  • 日別ランキング(2021年09月20日)

     :第-位( - ) > 新書:第535位(↓) > その他:第159位(↓)

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      美しく、強く、成長する国へーー私の「日本経済強靱化計画」--
      美しく、強く、成長する国へーー私の「日…

      高市 早苗

      990円(税込)

    2. 2
      アホか。
      アホか。

      百田 尚樹

      792円(税込)

    3. 3
      会社がなくなる!
      会社がなくなる!

      丹羽 宇一郎

      924円(税込)

    4. 4
      新型コロナワクチン 本当の「真実」
      新型コロナワクチン 本当の「真実」

      宮坂 昌之

      990円(税込)

    5. 5
      人新世の「資本論」
      人新世の「資本論」

      斎藤 幸平

      1,122円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ