[エンタメ市!] 全ジャンル対象! 条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > その他

スマホ断食 コロナ禍のネットの功罪 (潮新書)
藤原 智美

825(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2021年07月20日頃
  • 著者/編集:   藤原 智美(著)
  • レーベル:   潮新書
  • 出版社:   潮出版社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  208p
  • ISBN:  9784267023019

商品説明

内容紹介(出版社より)

あなたをスマホが覗いているーーいまこそスマホを置いて「自分」を取り戻そう!

2016 年に小社より刊行した「スマホ断食」を大幅加筆修正し、新書として発売。

◎なぜ「生の声」よりネットの言葉を信じてしまうのかーフェイクを信じてしまうタイプの人の特徴
◎思考をSNS に合わせる世の中ー「マスク警察」「女子プロレスラーの死」
◎オンライン授業や会議で「対話」の質が低下する!?-情報交換“だけ” の対話に警鐘!自宅は安らぎの場ではなくなった!?
◎スマホがもたらす「分断」-情報源がスマホだけで生じる偏った情報の摩擦

従来のネット危機( リスク) に加えて、さらに今の時代に即した問題点を芥川賞作家が大幅加筆で問う!

内容紹介(「BOOK」データベースより)

いまこそスマホ的思考を捨てよう!芥川賞作家によるネット社会への警鐘!!

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 私の思い出はスマホに収まらない/第2章 スマホがもう一人の自分を勝手につくる/第3章 ネット社会の匿名性/第4章 ネットでは「盗み」は知的作業なのか/第5章 コロナ禍が祭りをネットに移した/第6章 「見られたい」という欲望/第7章 ネット動画との付き合い方/第8章 ネットが人を委縮させる/第9章 紙の本が思考を鍛える/第10章 スマホから逃れて自分を取り戻す

著者情報(「BOOK」データベースより)

藤原智美(フジワラトモミ)
小説家。1955年、福岡県生まれ。92年、『運転士』で第一〇七回芥川賞受賞。ノンフィクション作品にはベストセラー『「家をつくる」ということ』『暴走老人!』のほか、ネット社会の問題点を明らかにした『検索バカ』『ネットで「つながる」ことの耐えられない軽さ』『つながらない勇気』がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー(5件)

総合評価
 4.00

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    くじらいだー@
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年02月10日

    電車の中や、仕事の休憩時間には
    スマホとにらめっこ
    夜は、主にブログの更新のために
    PCのキーボードをたたく
    結構、ネットに時間を割いてますね。
    読書の時間も減りがちで
    ペンをもって文字を書く機会も
    随分減っています。
    時には、スマホの電源を切って
    紙の書物を読もう。
    ご自分が「ネット中毒」だと思える方
    ぜひお読みください・・・

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと3

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ