ポイントアップ祭!本・雑誌が条件達成でポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 美容・暮らし・健康・料理 > ガーデニング・フラワー > 観葉植物・盆栽

叢の視点 植物の新しい価値観を問う
小田 康平

3,960(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2021年07月08日頃
  • 著者/編集:   小田 康平(著)
  • 出版社:   グラフィック社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  128p
  • ISBN:  9784766135831

商品説明

内容紹介(出版社より)

現在の一般的な植物に対する「美しい」という価値観とは一線を画す、植物屋「叢」を主宰する小田康平が持つ審美眼。
ふだんは見向きもされない「台木を取るためのサボテン」や「生産農家の片隅に忘れ去られていた多肉植物」などに、植物が持つ「ただただ懸命に生きている姿」に美を感じ、それをより生かす鉢との出会わせ、新しい美しさを生み出す。
そんな小田のサボテンと多肉植物に対する言葉と、惹きつける写真。
植物の楽しみ方/鉢植えに風景を重ねる/歪を愛でる/親木の価値/植物には未来があるからワクワクするのだ/古道具のようなサボテン/接ぎ木の新しい魅力/大地ではない場所で生長を続ける/生と死を併せ持つ姿/接ぎ木の可能性/選ぶという行為/欠落の美/経年変化を味わう/接ぎ木で遊ぶ/必死さこそが心を揺さぶる/切断面から見えること/作り手とサボテンの攻防/懸命に生きる姿/個性が大事/鉢合わせを考える/突然変異の栄枯盛衰/物語の中の植物/骨董品の目線/植物の知恵/コントラスト/極まった個体/愛すべき提灯/サボテンの印象を覆すサボテン/台木だって生きている/刺と棘/植物の色/サボテンの中にある景色/無駄のない形/やっぱり刺が好き/サボテンの密度/日本のサボテン 異国のサボテン
植物がもつ「生命力の強さ」--小田康平に聞く。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

必死さこそが心を揺さぶる。叢/小田康平が見いだす、サボテン・多肉植物がたくましく生きる姿。

目次(「BOOK」データベースより)

植物の楽しみ方/鉢植えに風景を重ねる/歪を愛でる/親木の価値/植物には未来があるからワクワクするのだ/古道具のようなサボテン/接ぎ木の新しい魅力/大地ではない場所で生長を続ける/生と死を併せ持つ姿/接ぎ木の可能性〔ほか〕

著者情報(「BOOK」データベースより)

小田康平(オダコウヘイ)
1976年広島生まれ。世界中を旅する暮らしをしていた20代の頃、旅先で訪れたパリで、フラワーアーティストがセレクトショップの空間演出を手掛ける様子に感動。帰国後、生花と観葉植物による空間デザインに取り組むようになる。数年が経ち、画一的な花や植物での表現に限界を感じ始めていた頃、ある世界的アートコレクターと出会い、納品後に傷ついた植物を見て発した彼の一言、「闘う植物は美しい」に衝撃を受ける。以来、植物選びの基準を、整った美しさから、『いい顔』をしているかどうかに変える。独自の視点で植物を捉え、美しさを見出した一点物の植物を扱うことを決心し、2012年、独自の美しさを提案する植物屋「叢ーQusamura」をオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと4

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:美容・暮らし・健康・料理

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ