本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > 人文・思想・社会
  • 新・人と歴史拡大版42日蓮と蒙古襲来[川添昭二]
  • 新・人と歴史拡大版42日蓮と蒙古襲来[川添昭二]
  • 新・人と歴史拡大版42日蓮と蒙古襲来[川添昭二]
  • 新・人と歴史拡大版42日蓮と蒙古襲来[川添昭二]
  • 新・人と歴史拡大版42日蓮と蒙古襲来[川添昭二]
  • 新・人と歴史拡大版42日蓮と蒙古襲来[川添昭二]
新・人と歴史拡大版42日蓮と蒙古襲来[川添昭二]
  • Googleプレビュー

新・人と歴史 拡大版 42  日蓮と蒙古襲来
川添 昭二

1,980(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2021年07月14日頃
  • 著者/編集:   川添 昭二(著)
  • 出版社:   清水書院
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  248p
  • ISBN:  9784389441425

商品説明

内容紹介(出版社より)

混迷の時代にこそ求められる日蓮聖人の思想と生き方

「法華経」至上主義の立場から未曾有の国難に対処し,敢然と時の権力者に己の信心を説いた稀代の僧・日蓮
ーその波乱の生涯を辿る。パンデミックに右往左往する現代人必読の書。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

蒙古襲来は、異民族による大々的な侵攻として日本史上他に例をみない大事件であった。「信仰は時代に生きる指針だ」とした日蓮にとって、蒙古問題はその教説の展開に本質をかけた課題であった。日蓮は、蒙古問題を軸にした自己の教説を社会化したのである。宗教的な面から、敵国降伏を祈ることには、たしかに疑問も残るであろう。しかし、『法華経』至上主義の立場から「国心」を統一し、「国難」に対処しようとした努力は、ある意味で今日の日本を形づくっているともいえる。本書は、蒙古襲来を通して、日蓮の宗教精神を克明に物語っている。

目次(「BOOK」データベースより)

1 『立正安国論』とその前後(日蓮は時代に生きる/論理と事実は重い/内乱と外寇の予言)/2 蒙古国書の到来(東アジア世界のなかの日本/身命を捨てて国恩に報じよう/日蓮を誤るもの/おもいあう祈り)/3 文永八年の法難(日本国は釈尊の所領/法華一揆はなぜおこったか/滝口法難はおこるべくしておこった/滝口法難の構造/防衛体制の強化/佐渡から身延へ)/4 異国合戦ー文永の役(壱岐・対馬のごとく/文永の役に“神風”は吹いたか/よしなき海を守り)/5 終焉の章ー弘安の役と日蓮の死(日蓮と武士信徒/心静かな仏の世界へ)

著者情報(「BOOK」データベースより)

川添昭二(カワゾエショウジ)
1927(昭和2)年、佐賀県に生まれる。九州大学文学部国史科卒。日本中世史専攻。九州大学文学部教授、福岡大学人文学部教授など歴任。九州大学名誉教授。2018年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと1

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ