本・雑誌 全品対象!エントリーでポイント最大10倍
現在地
トップ >  > 新書 > ビジネス・経済・就職

「日本型格差社会」からの脱却 (光文社新書)
岩田規久男

1,078(税込)送料無料

商品情報

  • 発売日:  2021年07月14日頃
  • 著者/編集:   岩田規久男(著)
  • レーベル:   光文社新書
  • 出版社:   光文社
  • 発行形態:  新書
  • ページ数:  368p
  • ISBN:  9784334045500

よく一緒に購入されている商品

  • 「日本型格差社会」からの脱却(光文社新書)[岩田規久男]
  • +
  • 子育て罰「親子に冷たい日本」を変えるには(光文社新書)[末冨芳]
  • 「日本型格差社会」からの脱却 (光文社新書)
  • 岩田規久男

1,078円(税込)

在庫あり

合計 2,090円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

一九九〇年代以降、日本では格差が広がり続けている。例えば、非正規社員の増加は賃金格差を招き、ひいてはその子供世代の格差も助長している。さらに、世代ごとに受給額が下がる年金制度は、最大六〇〇〇万円超の世代間格差のみならず、相続する子供・孫世代の世代内格差の原因に。所得再分配政策は、高齢者への社会保障に偏っており、現役世代の格差縮小にはほとんど寄与していない。そして、こうした格差はすべて、戦後、世界で日本しか経験していない長期デフレが根本にあり、そういった意味で他国とは異なる「日本型格差」といえる特徴的な格差である。では、この「日本型格差」を縮小し、成長を取り戻すにはどうすればよいのかー。本書では、日銀副総裁を務めた著者が具体的な政策とともに提言。より生きやすい日本の未来を模索する。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 デフレ下で進む少子高齢化と格差の拡大(長期デフレによる日本の経済悪化/綻び始める社会保障制度と賃金格差の拡大/規制緩和とグローバリズムは雇用を悪化させたか)/第2章 「日本型格差」の特徴(日本の不均衡な所得の再分配/深刻化する日本の貧困問題/年金制度における世代間格差と世代内格差)/第3章 成長を取り戻すデフレ脱却と公正な競争政策(90年代以降、日本の生産性はなぜ低下したのか/労働生産性を引き上げるための正攻法/産業・企業保護政策から公正な競争政策へ)/第4章 雇用の自由化と女性が働きやすい環境の整備(労働の効率的配分を可能にする制度改革/就業率を高めるための戦略)/第5章 これからの所得再分配政策(新しい所得再分配制度で貧困を減らす/年金制度は世代で閉じる積立方式へ)

著者情報(「BOOK」データベースより)

岩田規久男(イワタキクオ)
1942年生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院単位取得満期退学。学習院大学経済学部教授などを経て、2013年4月から5年間、日銀副総裁を務める。上智大学名誉教授・学習院大学名誉教授。専門は、金融論・都市経済学。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(7件)

総合評価
 4.29

ブックスのレビュー(1件)

  • (無題)
    takao6251
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年02月15日

    どうもありがとうございます。
    楽しみにしたいと思います。
    よろしくお願いいたします。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ