本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > その他
  • 原子の力を解放せよ戦争に翻弄された核物理学者たち(集英社新書)[浜野高宏]
  • 原子の力を解放せよ戦争に翻弄された核物理学者たち(集英社新書)[浜野高宏]
原子の力を解放せよ戦争に翻弄された核物理学者たち(集英社新書)[浜野高宏]
  • Googleプレビュー

原子の力を解放せよ 戦争に翻弄された核物理学者たち (集英社新書)
浜野 高宏

1,056(税込)送料無料

商品情報

よく一緒に購入されている商品

  • 原子の力を解放せよ戦争に翻弄された核物理学者たち(集英社新書)[浜野高宏]
  • +
  • わかりやすさの罠池上流「知る力」の鍛え方(集英社新書)[池上彰]
  • 原子の力を解放せよ 戦争に翻弄された核物理学者たち (集英社新書)
  • 浜野 高宏

1,056円(税込)

在庫あり

合計 1,936円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介

心震わす3人の若者の感動の青春群像
『映画 太陽の子』の背景となった事実に迫る!

◆内容◆
太平洋戦争開戦直後、アメリカ軍の上層部にはある疑問があった。
それは日本の“原爆開発”。
終戦後、その実態を明らかにするため、アメリカは調査団を派遣し、大戦中の日本の核開発の実態を調べた。
しかし、その調査結果は機密扱いとなり、長い間、すべてが謎に包まれてきた。
NHK取材班は、当時の関係者や歴史家の取材を通じ、アメリカに没収され、戦後埋もれていた歴史的資料を発掘し検証した。
そこから、激化する戦争の波に巻き込まれていった核物理学者たちの姿が見えてきた。
本書では、知られざる京都帝国大学による原爆研究の真相に迫り、科学研究の「原罪」について考える。

◆目次◆
プロローグ─すべては一束の日記から始まった
第一章 日本は“核兵器の開発”をしていたのか?
第二章 日本の“核兵開発”を調査せよ
第三章 アジアを代表する核物理学者・荒勝文策
第四章 なぜアメリカは日本の“原爆開発”を疑ったのか
第五章 浮かび上がった「F研究」の実態
第六章 広島での原爆調査・荒勝の信念と葛藤
第七章 サイクロトロンで荒勝が夢見たもの
第八章 戦後“科学の原罪”と向き合った核物理学者たち
第九章 「F研究」が現代に問いかけるもの

監修・解説 政池明(京都大学名誉教授)

◆著者略歴◆

《NHK取材班》

浜野高宏(はまの たかひろ)
1966年、東京都生まれ。NHKエンタープライズ、プロデューサー。1990年NHK入局。広島放送局・報道局・編成局を経て現職。

新田義貴(にった よしたか)
1969年、東京都生まれ。ドキュメンタリー監督。NHKを経て独立しユーラシアビジョン設立。劇場映画「アトムとピース」「歌えマチグヮー」など。

海南友子(かな ともこ)
東京都生まれ。ドキュメンタリー監督。NHKを経て独立。サンダンス国際映像作家賞受賞。代表作に3・11と出産を描いた「HUG(抱く)」。他作品多数。

内容紹介(出版社より)

心震わす3人の若者の感動の青春群像
『映画 太陽の子』の背景となった事実に迫る!

◆内容◆
太平洋戦争開戦直後、アメリカ軍の上層部にはある疑問があった。
それは日本の“原爆開発"。
終戦後、その実態を明らかにするため、アメリカは調査団を派遣し、大戦中の日本の核開発の実態を調べた。
しかし、その調査結果は機密扱いとなり、長い間、すべてが謎に包まれてきた。
NHK取材班は、当時の関係者や歴史家の取材を通じ、アメリカに没収され、戦後埋もれていた歴史的資料を発掘し検証した。
そこから、激化する戦争の波に巻き込まれていった核物理学者たちの姿が見えてきた。
本書では、知られざる京都帝国大学による原爆研究の真相に迫り、科学研究の「原罪」について考える。

◆目次◆
プロローグ─すべては一束の日記から始まった
第一章 日本は“核兵器の開発"をしていたのか?
第二章 日本の“核兵開発"を調査せよ
第三章 アジアを代表する核物理学者・荒勝文策
第四章 なぜアメリカは日本の“原爆開発"を疑ったのか
第五章 浮かび上がった「F研究」の実態
第六章 広島での原爆調査・荒勝の信念と葛藤
第七章 サイクロトロンで荒勝が夢見たもの
第八章 戦後“科学の原罪"と向き合った核物理学者たち
第九章 「F研究」が現代に問いかけるもの

監修・解説 政池明(京都大学名誉教授)

◆著者略歴◆

《NHK取材班》

浜野高宏(はまの たかひろ)
1966年、東京都生まれ。NHKエンタープライズ、プロデューサー。1990年NHK入局。広島放送局・報道局・編成局を経て現職。

新田義貴(にった よしたか)
1969年、東京都生まれ。ドキュメンタリー監督。NHKを経て独立しユーラシアビジョン設立。劇場映画「アトムとピース」「歌えマチグヮー」など。

海南友子(かな ともこ)
東京都生まれ。ドキュメンタリー監督。NHKを経て独立。サンダンス国際映像作家賞受賞。代表作に3・11と出産を描いた「HUG(抱く)」。他作品多数。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

太平洋戦争開戦直後、アメリカ軍の上層部にはある疑問があった。それは日本の“原爆開発”。終戦後、その実態を明らかにするため、アメリカは調査団を派遣し、大戦中の日本の核開発の実態を調べた。しかし、その調査結果は機密扱いとなり、長い間、すべてが謎に包まれてきた。NHK取材班は、当時の関係者や歴史家の取材を通じ、アメリカに没収され、戦後埋もれていた歴史的資料を発掘し検証した。そこから、激化する戦争の波に巻き込まれていった核物理学者たちの姿が見えてきた。本書では、知られざる京都帝国大学による原爆研究の真相に迫り、科学研究の「原罪」について考える。

目次(「BOOK」データベースより)

プロローグーすべては一束の日記から始まった/第1章 日本は“核兵器の開発”をしていたのか?/第2章 日本の“核兵器開発”を調査せよ/第3章 アジアを代表する核物理学者・荒勝文策/第4章 なぜアメリカは日本の“原爆開発”を疑ったのか/第5章 浮かび上がった「F研究」の実態/第6章 広島での原爆調査・荒勝の信念と葛藤/第7章 サイクロトロンで荒勝が夢見たもの/第8章 戦後“科学の原罪”と向き合った核物理学者たち/第9章 「F研究」が現代に問いかけるもの

著者情報(「BOOK」データベースより)

浜野高宏(ハマノタカヒロ)
1966年、東京都生まれ。NHKエンタープライズ、プロデューサー。慶應義塾大学卒業。1990年NHK入局。広島放送局・報道局・編成局を経て現職

新田義貴(ニッタヨシタカ)
1969年、東京都生まれ。ドキュメンタリー監督、ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。NHK報道局、衛星放送局、沖縄放送局等で、中東やアジア、アフリカの紛争地取材、沖縄の基地問題や太平洋戦争などに焦点を当てた番組制作を行う。2009年独立、映像制作ユーラシアビジョンを設立

海南友子(カナトモコ)
東京都生まれ。ドキュメンタリー監督。19歳で是枝裕和のドキュメンタリーに出演し映像の世界へ。NHKを経て独立。「川べりのふたり」(2007年)でサンダンスNHK国際映像作家賞。「ビューティフルアイランズ」(EP:是枝裕和/2010年)は釜山国際映画祭アジア映画基金賞受賞、日米公開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと4

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

[ 著者 ]

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ