秋のビジネス書フェア
現在地
トップ >  > 語学・学習参考書 > 語学学習 > 英語

性差を考える (英文精読教室 第4巻)
柴田元幸

2,420(税込)送料無料

  • 発行形態:
  • 紙書籍 (単行本)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年08月20日頃
  • 著者/編集:   柴田元幸
  • レーベル:   英文精読教室
  • 出版社:   研究社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  280p
  • ISBN:  9784327099046

商品説明

内容紹介(出版社より)

柴田元幸による新シリーズ。英語で書かれた小説を隅々まで味わう。

胸に残り、心に刺さる物語
フェミニズム小説の古典から最先端まで
娘の話、母の話、妻の話……をあなたの話に

<シリーズ紹介>
英語の小説を原文で読んで「わかる」楽しさは格別!
英語で書かれた最良の小説を精選し、読者が一人で隅々まで味わえるよう、詳細な註と解説を施した全6巻シリーズ。対訳付。作品ごとに難易度を表記。

<編著者より>
 外国語を短時間読んで、一定の情報を解析し、処理するような読み方が、グローバル化したと言われている今の世の中ではたぶん要請されているのだと思います。それはそれで大事なことにちがいありません。でもそういう、脳内ストップウォッチと競争するような読み方からちょっと離れて、英語で書かれたすぐれた小説をゆっくりじっくり読みたいと思う人もそれなりにいるにちがいない、そしてそういう人たちの多くは、その助けになるような本があったらいいのにと思っているにちがいない……そうした確信からこのシリーズは生まれました。
 翻訳で読んでも、もちろん小説のよさは、かなりの部分、感じとれます。ですが、原文をじかに読んで味わえる楽しさは、やはり格別です(翻訳者が言うんだから間違いありません)。そして、楽しむために必要なのは、語学力です。また逆に、語学力をつけるのに最良の手段は、楽しんで読むことです。語学的なことをあれこれ考えながら、小説の中で生きている人たちのこともあれこれ考えているうちに、語学力も小説を楽しむ力も自然と身につくような、そういう体験をこのシリーズが提供することを願って、知恵を絞って作品を選び、註をつける。要するに、「自分が学生のころにあったら使ったと思える本」を作りました。同好の士が集まってくれますように。

<目次>
Kate Chopin, "The Story of an Hour" (1894)
(ケイト・ショパン「一時間の物語」)
Joyce Carol Oates, "Where Are You Going, Where Have You Been?" (1966)
(ジョイス・キャロル・オーツ「どこへ行くの、どこ行ってたの?」)
Edward P. Jones, "The First Day" (1992)
(エドワード・P・ジョーンズ「最初の日」)
Megan Kelso, "The Squirrel Mother" (2006)
(メーガン・ケルソー「リスのお母さん」)
Karen Russell, "Reeling for the Empire" (2013)
(カレン・ラッセル「お国のために糸を繰り」)
Kate Chopin, "The Story of an Hour" (1894)
(ケイト・ショパン「一時間の物語」)
Joyce Carol Oates, "Where Are You Going, Where Have You Been?" (1966)
(ジョイス・キャロル・オーツ「どこへ行くの、どこ行ってたの?」)
Edward P. Jones, "The First Day" (1992)
(エドワード・P・ジョーンズ「最初の日」)
Megan Kelso, "The Squirrel Mother" (2006)
(メーガン・ケルソー「リスのお母さん」)
Karen Russell, "Reeling for the Empire" (2013)
(カレン・ラッセル「お国のために糸を繰り」)

内容紹介(「BOOK」データベースより)

胸に残り、心に刺さる物語。傑作揃いのセレクション。コミックも収録。詳細な注釈。フェミニズム小説の古典から最先端まで。娘の話、母の話、妻の話…をあなたの話に。

目次(「BOOK」データベースより)

Kate Chopin,“The Story of an Hour”(1894)(ケイト・ショパン「一時間の物語」)/Joyce Carol Oates,“Where Are You Going,Where Have You Been?”(1966)(ジョイス・キャロル・オーツ「どこへ行くの、ど行ってたの?」)/Edward P.Jones,“The First Day”(1992)(エドワード・P・ジョーンズ「最初の日」)/Megan Kelso,“The Squirrel Mother”(2006)(メーガン・ケルソー「リスのお母さん」)/Karen Russell,“Reeling for the Empire”(2013)(カレン・ラッセル「お国のために糸を繰り」)

著者情報(「BOOK」データベースより)

柴田元幸(シバタモトユキ)
翻訳家、東京大学名誉教授。東京都生まれ。ポール・オースター、レベッカ・ブラウン、スティーヴン・ミルハウザー、スチュアート・ダイベック、スティーヴ・エリクソンなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳。2010年、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』(新潮社)で日本翻訳文化賞を受賞。翻訳多数。文芸誌『MONKEY』、および英語文芸誌MONKEY責任編集。2017年、早稲田大学坪内逍遥大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年09月20日 - 2021年09月26日)

     :第-位( - ) > 語学・学習参考書:第2429位(↑) > 語学学習:第1249位(↑) > 英語:第445位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ