楽天Kobo・RakutenTV・楽天マガジンを初めてご利用で楽天ブックスでのお買いものがポイント最大28倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 政治
日韓「歴史認識問題」の40年誰が元凶か、どう解決するか[西岡力]
日韓「歴史認識問題」の40年誰が元凶か、どう解決するか[西岡力] 日韓「歴史認識問題」の40年誰が元凶か、どう解決するか[西岡力] 日韓「歴史認識問題」の40年誰が元凶か、どう解決するか[西岡力]
  • Googleプレビュー

日韓「歴史認識問題」の40年 誰が元凶か、どう解決するか
西岡 力

2,640(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年08月26日頃
  • 著者/編集:   西岡 力
  • 出版社:   草思社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  376p
  • ISBN:  9784794225351

よく一緒に購入されている商品

  • 日韓「歴史認識問題」の40年誰が元凶か、どう解決するか[西岡力]
  • +
  • 月刊Hanada2021年10月号[雑誌]
  • 日韓「歴史認識問題」の40年 誰が元凶か、どう解決するか
  • 西岡 力

2,640円(税込)

在庫あり

950円(税込)

在庫あり

合計 3,590円(税込)

閉じる

商品説明

内容紹介(出版社より)

歴史認識問題というのは歴史問題ではない。歴史学上の問題ではなく、歴史上のある事象をどう認識するか、そして、それにまつわる二国間の政治上の争点をどう解決するかという問題である。著者は韓国および日韓関係史を専門とする学者で、1970年代の韓国への留学体験やその後の外務省での調査員としての体験、雑誌「現代コリア」編集、拉致問題「救う会」活動などを通じて、この半世紀ほどの日韓関係を自ら肌で感じてきた。それは今日ほどに日韓関係が悪化した時代はないという認識である。
 ではなぜそうなったか。1980年代初めに教科書問題というものが起こった。戦前の日本の大陸侵略を政府の干渉で「進出」と書き換えたという毎日新聞の誤報を端緒に、韓国政府が日本に謝罪を求め、日本の援助を引き出した事件だ。さらに1992年に朝日新聞の慰安婦にまつわるこれも誤報(吉田清治ウソ証言)をもとにした悪意ある従軍慰安婦キャンペーン。2000年代から始まり、2018年に韓国最高裁で日本による賠償を認めた戦時労働者裁判(徴用工裁判)など、これらの攻撃に最も真正面から反論してきた著者によるこの40年間の総括が本書である。
 誰が元凶か、どう解決するか、とサブタイトルにあるように、本書では慰安婦報道における元朝日新聞記者、植村隆、慰安婦=性奴隷説の国連への働きかけにおける戸塚悦朗弁護士、徴用工裁判における和田春樹東大名誉教授などの個人をそれぞれ一章を設けてその反日的活動を記録している。この40年の日韓の関係悪化は、こうした日本国内の反日左翼人が問題をでっちあげ、韓国へ持ち込んで韓国内の親北左翼と組んで問題を悪化させてきたという構図である。発火点は日本にあったのだ。この40年、あるいは1965年の日韓協約以降の55年の政治構図を、本書ほど明確に解説分析した本はないだろう。またそこから拉致問題がなぜ発覚しなかったのか、外務省の容共的姿勢の問題点など、周辺の諸問題にも重大な示唆を与えている。
 そして本書の後半は韓国内保守派(自由民主主義勢力)の『反日種族主義』という本の刊行から始まる抵抗運動が少しずつ実を結びつつあること、それに呼応する自由主義的な日本の知識人が協力して、韓国の赤化をどう防ぐかの未来の展望に終わっている。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

「教科書問題」から「従軍慰安婦問題」「戦時労働者問題」などー韓国との間で数十年間悩まされてきた不当な要求は、日本国内の反日勢力が仕掛け韓国が呼応するという構図だった。1980年代を起点とすれば40年、あるいはもっと前からの歴史を振り返り、ようやく解明されつつある政治構造を第一人者が記録し、考察した日韓関係論の決定版。

目次(「BOOK」データベースより)

はじめに 日韓「歴史認識問題」の全体像/第1部 なぜ日韓関係はこんなにも悪化したのか(日韓「歴史認識問題」の起源と構造/朝日の慰安婦プロパガンダと植村隆記者/慰安婦=性奴隷説と戸塚悦朗弁護士/戦時労働者不当判決と和田春樹教授/岩波書店と「T・K生」の罪 ほか)/第2部 令和元年から始まったアンチ反日の反撃(『反日種族主義』の衝撃/慰安婦運動のウソと内紛/韓国に広がる「アンチ反日」/米教授の慰安婦=公娼説へのでたらめな批判/慰安婦不当判決と日本政府の反論 ほか)/おわりに 韓国と日本の未来に向けて

著者情報(「BOOK」データベースより)

西岡力(ニシオカツトム)
1956年、東京都生まれ。国際基督教大学卒業。筑波大学大学院地域研究科修了(国際学修士)、韓国・延世大学国際学科留学。1982年〜84年、外務省専門調査員として在韓日本大使館勤務。1990年〜2002年、月刊『現代コリア』編集長。東京基督教大学教授を経て、現在(公財)モラロジー道徳教育財団教授・歴史研究室室長。麗澤大学客員教授。「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」会長。歴史認識問題研究会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2021年09月20日 - 2021年09月26日)

     :第-位( - ) > 人文・思想・社会:第3724位(↓) > 政治:第179位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ