楽天Kobo・RakutenTV・楽天マガジンを初めてご利用で楽天ブックスでのお買いものがポイント最大28倍
現在地
トップ >  > 人文・思想・社会 > 政治
官僚崩壊どう立て直すのか[寺脇研]
官僚崩壊どう立て直すのか[寺脇研] 官僚崩壊どう立て直すのか[寺脇研]
  • Googleプレビュー

官僚崩壊 どう立て直すのか
寺脇研

1,540(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年09月21日頃
  • 著者/編集:   寺脇研前川喜平
  • 出版社:   扶桑社
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  192p
  • ISBN:  9784594089429

商品説明

内容紹介(出版社より)

日本にはかつてエリート官僚たちが政策立案をリードする時代があった。

ところが「政治主導」によって「政」と「官」の関係は一変。
官僚たちは権力を私物化する安倍・菅政権の「私兵」となってしまった。

だが、本来の「政治主導」とは、国民から選挙で選ばれた政治家が政策立案を主導し、縦割り行政の弊害を打破していくためのものだったのではないのかーー。

文部科学省で事務次官を勤めた前川喜平、ゆとり教育を主導した寺脇研らが、「政」と「官」の関係が変質した原因、あるべき官僚の姿について徹底討論。

日本再生の鍵は「官僚=国家の安全装置」にあった。


【目次】
第一章 混迷を極めた二〇年、失敗の源泉
第二章 どうする? 日本の官僚制度
第三章 官僚の本義
特別鼎談 立憲民主党・福山哲郎×寺脇研×前川喜平
 放棄された「説明責任」を取り戻すために
インタビュー 茂木健一郎
 優れた官僚に活躍してもらうために

内容紹介(「BOOK」データベースより)

官僚は国家の安全装置であり職人である。官僚の劣化は国家の劣化につながる。国民の幸福のために官僚の本義を再考する。失われた説明責任をとり戻すために必要なこととは?

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 混迷を極めた二〇年、失敗の源泉(一〇年前からの変化を知る/経産官僚の不祥事はレベルの低下? ほか)/第2章 どうする?日本の官僚制度(官僚に相応しい人物像とは/官僚には困った人に寄り添うハートが必要 ほか)/第3章 官僚の本義(官僚と政権の良好な関係を築くには/自民党政権への変化を見越した官僚たちの“忖度”が始まった ほか)/特別鼎談 立憲民主党幹事長 福山哲郎×寺脇研×前川喜平 放棄された「説明責任」を取り戻すために(今こそ、党派を超えて「救国政権」を/民主党政権下での官僚との関係、その真実 ほか)/インタビュー 茂木健一郎 聞き手/編集部 優れた官僚に活躍してもらうために(国家構築のビジョンを失った日本/官僚機構からダイナミズムが消えた ほか)

著者情報(「BOOK」データベースより)

寺脇研(テラワキケン)
1952年7月13日、福岡県生まれ。1975年に東京大学法学部を卒業後文部省に入省。職業教育課長や広島県教育長、その後文部省の大臣官房政策課長などを経て大臣官房審議官に就任。「ゆとり教育」政策を推進し広報を担った。2002年、文化庁文化部長になり、その後、2006年、文部科学省を退官。京都芸術大学客員教授。映画プロデューサー、映画評論家。著書多数

前川喜平(マエカワキヘイ)
1955年1月13日、奈良県生まれ。1979年に東京大学法学部を卒業後国家公務員試験を4番目の成績で合格し文部省に入省、配属は大臣官房総務課。文部科学省大臣官房総括審議官、大臣官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官などを経て2016年6月文部科学事務次官。その後、文部科学省で起きた再就職等規制違反を受け、2017年1月20日に文部科学事務次官退官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ