本・雑誌 全品対象!エントリー&条件達成でポイント最大12倍キャンペーン
現在地
トップ >  > 新書 > 人文・思想・社会

本居宣長 近世国学の大成者 (新・人と歴史拡大版)
芳賀登

1,980(税込)送料無料

商品情報

商品説明

内容紹介(出版社より)

明治時代、藩閥専制政府に対して自由民権運動が全国で展開された。そのなかで中江兆民と植木枝盛は、最も深く民主主義思想を理解し、自由民権を抑圧しようとする政治権力に真っ向から立ち向かった。本書は、その二人の思想と行動の軌跡を鮮やかに描き出した。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

契沖・賀茂真淵の学問を土台として、本居宣長はなぜ執拗に国学を追求したのか。儒教・仏教が時代を支配している中で、あたかも祈りと怨念をこめたように、ただひたすら『古事記』に、『万葉集』に、『源氏物語』に没頭し、漢意批判に徹底した。まさにそれは、混迷する時代的状況の中の血みどろの闘いであった。逆に宣長こそ歴史の形成される過程で磨かれていくひとつの大きな魂であったといえる。本書は、時代を透視する鋭い眼と柔軟な思考方法とを体得した宣長の生い立ちから、『古事記伝』完成までのながいみちのりをとらえる。

目次(「BOOK」データベースより)

1 本居宣長の精神形成(浄土信仰の厚い家に生まれる/今井田養子と人間形成/本居復姓の精神的意義/本居学の学問的系譜/徂徠学宣長学/伊勢松坂の町人 本居宣長)/2 近世国学の成立と宣長学(契沖と宣長/真淵と宣長/国学の成立と西洋知識/『直毘霊』の成立と「妙理」/『古事記伝』の成立)/3 宣長とその時代(天明の「世直し状況」と本居宣長/本居宣長の国体観/寛政期の宣長/『うひ山ぶみ』-国学とは何ぞや/あとがき/年譜/参考文献/さくいん)

著者情報(「BOOK」データベースより)

芳賀登(ハガノボル)
1926(大正15)年、愛知県に生まれる。東京文理科大学卒。日本近世文化史・国学史・明治維新史専攻。大阪教育大学教授、筑波大学教授、東京家政学院大学教授などを歴任。筑波大学名誉教授。2012年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

商品レビュー

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

在庫あり

残りあと2

個数 

お気に入り新着通知

追加済み:
未追加:

追加/削除

お気に入り新着通知

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:新書

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】始皇帝の戦争と将軍たち
      【入荷予約】始皇帝の戦争と将軍たち

      鶴間和幸

      957円(税込)

    2. 2
      義父母の介護
      義父母の介護

      村井 理子

      924円(税込)

    3. 3
      【予約】新型コロナは人工物か?
      【予約】新型コロナは人工物か?

      宮沢 孝幸

      1,133円(税込)

    4. 4
      名探偵コナン 空想科学読本
      名探偵コナン 空想科学読本

      青山 剛昌

      880円(税込)

    5. 5
      子どもは「この場所」で襲われる
      子どもは「この場所」で襲われる

      小宮 信夫

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ