アウトドア本フェア2022
現在地
トップ >  > 語学・学習参考書 > 語学学習 > 日本語
  • 朝日新聞記者の200字文章術極小コラム「素粒子」の技法[真田正明]
  • 朝日新聞記者の200字文章術極小コラム「素粒子」の技法[真田正明]
朝日新聞記者の200字文章術極小コラム「素粒子」の技法[真田正明]
  • Googleプレビュー

朝日新聞記者の200字文章術 極小コラム「素粒子」の技法
真田正明

1,650(税込)送料無料

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(3件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天ブックス初めてご利用の方限定!

初めてご利用&条件達成でポイント最大5倍!

商品情報

  • 発売日:  2021年11月05日頃
  • 著者/編集:   真田正明
  • 出版社:   さくら舎
  • 発行形態:  単行本
  • ページ数:  216p
  • ISBN:  9784865813173

商品説明

内容紹介(出版社より)

意外と書けない短くてわかりやすい文章を書く技術!

メールやSNSなど、短い文章を書く機会が増えています。朝日新聞夕刊一面のコラム「素粒子」を7年半書き続けてきた著者が、簡潔な文章で言いたいこと、思いを伝える書き方のノウハウを示します。

「素粒子」は182字の文字制限がある極小のコラム。実例を挙げながら、短くても伝わる文章、キレのある文章、コクのある文章のポイントを明示。言葉の選び方、書き出しの一行、何をどう書くかもわかります。本書を読めば、コミュニケーションに役立つ「短文力」がつきます。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

意外と書けない、短くてわかりやすい文章を書く技術!言いたいこと、思いが伝わるなるほどの技法!新聞一面の短文コラムを書き続けてきた著者が明かす、何をどう書くか、短くするコツ、言葉の選び方などなど、実践的文章教室!

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 一八二字との格闘/第2章 読み心地のいい文章にする法/第3章 引き込まれる文章はどこが違うか/第4章 表現を豊かにする言葉の選び方/第5章 何をどう書くか、発想の技法/第6章 誰もが発信する時代の文章術

著者情報(「BOOK」データベースより)

真田正明(サナダマサアキ)
1956年、大阪市に生まれる。京都大学文学部哲学科を卒業。1980年、朝日新聞入社。警視庁キャップ、プノンペン・ジャカルタ支局長、アジア総局長などを経て論説副主幹。2010年11月から2018年3月まで夕刊のコラム「素粒子」を担当。2021年に退社後、朝日カルチャーセンターで「短文力を鍛える文章教室」の講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

関連特集

商品レビュー(6件)

総合評価
 3.0

ブックスのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

在庫あり

残りあと29

あす楽対象商品

のご注文で
送料無料で  にお届け

あす楽利用条件
お届け可能なエリア内の場合、翌日中にお届けします。カード払い、ご自宅への配送に限ります。
詳細は「あす楽」利用条件をご確認ください。

個数 

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ